FC2ブログ

L'ampleur

Kyoto-Karasuma kimono diary

Marie Luise Kashunitz

2008-10-07-Tue-00:03
六月半ばの真昼どき―カシュニッツ短篇集六月半ばの真昼どき―カシュニッツ短篇集
(1994/01)
マリー・ルイーゼ カシュニッツ

商品詳細を見る

ドイツの作家、マリー・ルイーゼ カシュニッツ(Marie Luise Kashunitz )の短編集を読む。
初めて手に取る作家、だと思っていたら巻頭の「でぶ」、そして「幽霊」はドイツの怪談アンソロジーで既読だった。この二作品から受けた印象は薄く、特に「でぶ」の予定調和な展開はなんだか尻すぼみだな、とさえ思っていた。
ところが、いざ読み始めるとまさに短編こそカシュニッツさんの領域。シンプルな文体だけれど匂いと緊張感に満ちていて、後にラジオドラマにもなったという「雪どけ」あたり、長い人生の物語をたった二人の登場人物と「窓枠」で描く、あの臨場感がすごい。結婚後も昔の恋人を探し続けていた妻と、その枕にたつ夫の生霊が語り合う「白熊」、餓死した裕福な狂女の肖像画と出世にしか興味の無い青年が一夜を過ごす「いつかあるとき」、ここにも居たくない、どこへも行きたくないという儚い女性の魂を乗せる「船旅」、などは幻想怪奇短編としてグッとくるし、肉体的痛みを感じなくなってゆく女性の世界を日記文体で綴る「火中の足」は、ものすごく「怖い」文章だ。シュールでもミステリでも無く当然分類上は「自然抒情派」となるのだろうが、ある日ふと人間の内面に訪れる変化をテーマとして書かれる作品たちはいやがおうにも怪奇・幻想の種を持つ。ラジオ作家としても活躍していた彼女の音声表現に長けたモダンな文章とクラッシックな題材とのバランスも魅力的。一方で、時として子供よりもその関係を優先させたという夫との想い出を綴った「道」には、もう愛が満ち満ち溢れていてホロリと来てしまう。
あまり本を読まない私には、ドイツ作家といへば「ケストナー」あたりしか思い浮かばないのだが、ケストナー作品とおなじく、長い人生のなか、ふとした折に度々再会したいと思う一冊です。

ゑり

2008-09-28-Sun-19:25
漢方治療のおかげ、小康状態の胃袋抱えてひさしぶりの外ランチへゆく。高島屋、萬養軒出店のランチコースがちょっと変更されててショック。3980円の前菜2品・主菜1品・デザート・パン・コーヒーが無くなり、3600円の前菜・サラダ・主菜1品・デザート・パン・コーヒーになり。主菜は牛か鯛の二択のみ、プリフィクス出来るのが4700円からになっておりました。九月までは、夏メニューで冷製尽くしのため体が冷えて冷えて・・・。すっかり肌寒い初秋の頃。今日の空は曇っていた。

帰り道、ゑり正にて。欲しかった襟を買ってもらう。帯揚よりも帯〆よりも、一番情熱を注ぎたいのが、襟。
めんどくさがる人もいるようだが、私は襟を付けたりベンジンでたたいたり洗ったりするのが結構好き。足袋を洗うのもかなり好き。(履いたまま風呂・・・というのは挑戦したことが無い。したいとも思わないが、足袋で入浴する女子之図はおもしろそうだ。)
2008928eri1.jpg

今日は微妙なクリームの御召生地を買って、半襟サイズに切った無地のえり。
200928op1at.jpg

キモノ昼食会

2008-09-23-Tue-22:20
元職場の、西陣女子連でホテル昼食会を。


残念な欠席者が出たものの、四人も集まればそれなりにすごい。

プライベートに着物で集まるなんて、初めて。
なので、ひそかに全員おニューなアイテムを着装していたり。自分のお洒落は相手のため・・・なんてことを思ってしまう。「何着て行きますか?」とお互いの帯着物を知っているので前日に情報交換。小物や髪型でイメージを新鮮にして、お互いの目を楽しませることが出来たのでよかったよかった。

一人でキモノを着ることはいつだって出来るけど、普段洋服で接する人達と一緒にキモノでお出かけというのは、とってもレアなこと。
20080923fuji1.jpg

今日は、今年最後の塩沢で。
帯、〆は初披露。上から「新生」、「朝日」、「光」と煙草のパッケージを並べた染め帯。
青山みともで。138,000円くらいだったかな?
20080923fuji4.jpg


20080923fuji22.jpg

いきおいで、羽根を付けてみる。
20080923fuji3.jpg

中崎町あたり

2008-09-13-Sat-22:57
高校時代、大学時代と一緒だった友人との再会。
少女のイラストを描く彼女の作品を見に、大阪は豊崎にあるgalleryitohenへ行く。


ROOM0908.jpg

着るものも、ちょっとずつ、ちょっとずつ秋にシフト・・・

先週まで絽だった桔梗の衿も白い御召地に変えて。キモノは、京都上七軒の弓月さんの御召。
二年前に買ったときは、生地も一般にイメージされるものより薄いし、デザインもモダンすぎて??なんて思っていたけれど、実は着易さバツグンで生地もしっとり。短い京都の「秋」に大活躍の普段着。作品の前で記念撮影。
itiitiopobi0808990.jpg

みんな結婚とか、仕事とか、この冬には海外に行く彼女を励ましながら、カフェになっているのでラッシーのんで、過ごす。いいトコやなぁ・・・。
ITOHENOP.jpg

せっかく大阪来たし、梅田まで散歩。
20080809013.jpg
demokuraってゆう古物屋さんとか。六年ぶりの中崎町をうろうろする。
知らぬ間に、前からあったのか無かったのか、異国風の店もちらほら。出現って感じで万博みたいな存在感がありました。おっちゃん、おばちゃん、こども、わかものの街。

ECCの前から、noonを過ぎて、高架沿いに行くと・・・・
うぎゃあ。やっぱり都会だなぁ。へとへと。

そして、最近思うこと。
都会のキモノは・・・とっても汚れそうでコワイ。埃、排気ガス、よく分からないゴミ、喫煙歩行中毒者、などなど。仕立て屋さんの、帯つきで歩いたらアカンよ!という言葉を無視してきたが、最近ほんまに思う。オールシーズン、塵除けは要るよね。買っとこう。

京都では・・・。
ほんまに帯つきは「恥ずかしい!」と口を揃えて言われます。そんで近所のおばちゃん達は「どこで見てんのか分からん」けど、めっちゃ見ている。(笑)。「コート買うお金無いんや、と思われるから恥ずかしい」というのは物の無い時代の話だけれど、上着を着ないとお出かけしたらダメ、って、かつては洋服だってそうだったハズ。着物のフィールドには、昔ながらの「ちゃんとする」精神が残っている。イイコトだな、と思う。

衣替えがビミョー

2008-09-03-Wed-00:28
八月三十一日、食べれば100%汚す私、すっかり夏物はクリーニングへ。そんな日にかぎって炎天下、では無いけれど盆地の暑さは侮れず。気は進まないが、仕方なく単衣の塩沢をひっぱりだす。
南仏ばりの日差しと、溢れる人、人。意を決して街中へ出たものの、フライングでの単衣はめいっぱいの厚着でした。

080831siozawa.jpg
わざわざ人が多くて暑い祇園へ・・・やはり大橋が峠です。
でも甲斐あって、鍵善でのぜいたくな「つるるん」のひととき。
しかしながら、猛暑の最中あの水琴洞の虫声(ほんまの虫の声、ね)CDはいただけない。暑苦しい。きっと水上勉先生も眉間に皺だろう。

行きはアホのように四条を直進したので、帰りは切通しに非難。そこで目前に現われたる「巽ばし」に一気にテンションが上がる。きれいです。ずっと京都にいてて知らなかった。テレビで見るよりもずっときれい。

高島屋7Fに出店がきてからすっかりご無沙汰の萬養軒を過ぎる。やっぱり庶民には全く縁の無いストリートだ。わざわざフレンチを食べに来るのではなく、祇園ついでにここで食事・・・ってそんな人私の周りには片手くらいしかおりまへん。

縄手にて、今昔西村さんの店先の更紗にきゃあきゃあ騒ぐ。可愛い布のお店もちらほら。どんどん西へ。三条ジュウジヤの隣の印度屋さんの店じまい末期に遭遇する。300円のスカート。

文博へ行く。サントリー美術館での展示がようやく京都でも。最近は音声ガイドがメジャーなためか、解説がちょっぴり不親切だわ、と無学を棚に上げて思う。もっぱら、風俗を描いた屏風絵に夢中。着物しか無いのだから当然ですが、みんな驚くほどバラバラな格好。服装上身分制度が無いはずの町人同士でも、好き勝手。要するにいまの洋服ファッションと同じですね。私たちの考えているキモノって、本当はもっと違う次元のものなのではないかしら・・・とボンヤリしてしまう。現代人のキモノはなんだろう。何系?


RREVHOME NEXT