FC2ブログ

L'ampleur

Kyoto-Karasuma kimono diary

箪笥のかおり

2007-02-22-Thu-21:27
虫よけ香がなくなって来たので、松栄堂へ。
ずっと薫玉堂の虫よけ香を使っていたけど、よそも気になる。

松栄堂の虫よけはおおまかに3タイプあって、
極品・・・いわゆる虫よけ香、王道のカホリ。
上品・・・極品までいかないけどシャープな香り。
みやこ・・・女性の白粉みたいな匂い。またはおかあさんの口紅みたいなニオイ。

帯や袂にちょこっとしのばせる匂袋には、取りあえず『みやこ』を選びました。
箪笥に入れるものは、この3タイプ以外の『うつ蝉香』というのにしました。香りは感覚のものやけど、考え過ぎるとなんだかわからんくなってくる。ヘアトニックっぽくもある。。けど極品も上品もみやこにも決められず消去法で。
koh.jpg

で、実際箪笥に入れる時は洋風のポプリ(薔薇や百合など。もちろん着物や帯とは遠く離して置いています)と併用。二つの香りを置くことで中でブレンドされて香水のようなお香のような感じになります。薫玉堂の虫よけ香が切れた後にしばらくローズのポプリで代用していたら意外とこのブレンドのほのかな香りが職場で出会うお着付けの先生などに好評でした。

香水はレミニッセンスのパチュリ。
remi.jpg


大学の時に仙台旅行中出会った香水で、いまや廃版となったローズ(右)を買ったのがきっかけでどっぷりハマってしまい、現在も通販でパチュリを買ってます。当時は仙台のSUKIYAという化粧品屋さん(アーケードのなかにあった)で扱っていて友人からも買って来て!って頼まれた記憶がある。ネット通販時代なので日本未発売でも今は全く問題なく買えマス。ありがたい。
スポンサーサイト



COMMENT



コメントの投稿

TRACKBACK

吉沢美穂

吉沢美穂特集のおしらせです。
HOME