FC2ブログ

L'ampleur

Kyoto-Karasuma kimono diary

仕立て屋さん

2006-09-30-Sat-22:30
いつも頼んでいる仕立て屋さんは肩幅なくて手が長くて長身ぺったんこ体型の私の悩みを一気に吹き飛ばしてくれた頼れるお人。しかし化繊をやってもらうにはちょっといい値段するかな?(着尺で2万くらい)と悶々としていたところ、よそのブログにお邪魔して、発見“ふだんぎや”さん。化繊反物を9450円でミシン仕立て。頼んでみました。はっきりゆって化繊や洋服地、ウールの仕立てって普通の仕立て屋さんには頼みにくい。着にくいしもったいない、てゆわれるし化繊やからって安くなりません。昔はみんな自分で縫うてしたんやなぁ、レディメイドなかったんやもんなぁ、と思ったらうちも自分で浴衣ぐらいは仕立ててみたい!とガッツ湧いてきました。手始めに半幅帯に挑戦。明日は休日なので生地探しに出かけます。

botan.jpg

完成予想図。半幅は錦地の少女マンガな牡丹柄。
伊賀の手組、観世の帯〆はゑり善、井澤屋さんの定番商品。
少し触るだけできゅうきゅう音が鳴る組のしっかりしたもの。
スポンサーサイト



COMMENT



コメントの投稿

HOME