FC2ブログ

L'ampleur

Kyoto-Karasuma kimono diary

原節子デビュー

2007-01-07-Sun-21:09
正月休を利用して着物映画をいろいろチェック。今日はアーノルド・ファンク監督の映画「新しき土」。原節子デビュー作です。とりあえずsomething weirdなノリで観られる娯楽映画。『日本女性は活火山』、1937年だけに『個人の自由なんて後まわし』、外人監督だけに『富士山はデカイ』。バックには戦前の大衆歌謡が流れまくり、お伽の国ニッポンのいいとこ取り映像が随所にちりばめられる様にうっとり。しかし、モンドに楽しめるのも束の間、後半はどっかんどっかんの大噴火のマウント富士を袂の長い柔らかもので火口へ突き進む節子、足の裏を焦がしながら追い掛ける本気の噴火映像で穏やかではありません。
121212.jpg

現代目でみても、やっぱり原節子はこってり顔。ロリロリで可愛いんだけど。着物に袴にセーラー服で楽しませてくれる。
スポンサーサイト



COMMENT



コメントの投稿

HOME