FC2ブログ

L'ampleur

Kyoto-Karasuma kimono diary

Marie Luise Kashunitz

2008-10-07-Tue-00:03
六月半ばの真昼どき―カシュニッツ短篇集六月半ばの真昼どき―カシュニッツ短篇集
(1994/01)
マリー・ルイーゼ カシュニッツ

商品詳細を見る

ドイツの作家、マリー・ルイーゼ カシュニッツ(Marie Luise Kashunitz )の短編集を読む。
初めて手に取る作家、だと思っていたら巻頭の「でぶ」、そして「幽霊」はドイツの怪談アンソロジーで既読だった。この二作品から受けた印象は薄く、特に「でぶ」の予定調和な展開はなんだか尻すぼみだな、とさえ思っていた。
ところが、いざ読み始めるとまさに短編こそカシュニッツさんの領域。シンプルな文体だけれど匂いと緊張感に満ちていて、後にラジオドラマにもなったという「雪どけ」あたり、長い人生の物語をたった二人の登場人物と「窓枠」で描く、あの臨場感がすごい。結婚後も昔の恋人を探し続けていた妻と、その枕にたつ夫の生霊が語り合う「白熊」、餓死した裕福な狂女の肖像画と出世にしか興味の無い青年が一夜を過ごす「いつかあるとき」、ここにも居たくない、どこへも行きたくないという儚い女性の魂を乗せる「船旅」、などは幻想怪奇短編としてグッとくるし、肉体的痛みを感じなくなってゆく女性の世界を日記文体で綴る「火中の足」は、ものすごく「怖い」文章だ。シュールでもミステリでも無く当然分類上は「自然抒情派」となるのだろうが、ある日ふと人間の内面に訪れる変化をテーマとして書かれる作品たちはいやがおうにも怪奇・幻想の種を持つ。ラジオ作家としても活躍していた彼女の音声表現に長けたモダンな文章とクラッシックな題材とのバランスも魅力的。一方で、時として子供よりもその関係を優先させたという夫との想い出を綴った「道」には、もう愛が満ち満ち溢れていてホロリと来てしまう。
あまり本を読まない私には、ドイツ作家といへば「ケストナー」あたりしか思い浮かばないのだが、ケストナー作品とおなじく、長い人生のなか、ふとした折に度々再会したいと思う一冊です。
スポンサーサイト



COMMENT



コメントの投稿

HOME