FC2ブログ

L'ampleur

Kyoto-Karasuma kimono diary

梶さん

2006-10-13-Fri-22:42
小津もよいけど、カラーのぱっとした着物の映画が観たいと思った。とくれば、やはり細雪?
でも市川崑の映画ってことごとく曝睡しているかも・・。『黒い十人の女』とか、『穴』とか。
夜中に観るしかな。

meiko.jpg


着姿自体は情緒がないけど、修羅雪姫は明治時代ってゆう設定がいい。
コレはねむくなりません。あと悪い奴が死ぬ程ワルくて最低で、
でも良い人役の鶴田浩二も最後死んだりとかする仁侠系はねむくても、
筋バレてても全部観てしまう。ゴダ-ルの『愛の世紀』もあんななのに、
睡魔を遮って観てしまった。やっぱり迫力かなぁ。
スポンサーサイト



COMMENT



コメントの投稿

HOME