FC2ブログ

L'ampleur

Kyoto-Karasuma kimono diary

ゾーッとスーッと

2008-06-09-Mon-22:58


びっくり。
キリキリ回れば、紅白だんだら染めのコマだ。
のたうち回れば、今度は断末魔のナガムシだ。
の、
「火星の運河」が映画になっていた。

乱歩ムービーといへば、
実相寺昭雄の吐きそうになるやつ(縄で縛ったり)とか
だだ暗い「押繪と旅する男」とか
ドライフラワーのような「人間椅子」とか「人でなしの恋」とか
暗黒舞踏、恐怖人間とか。
映画だから、とりあえず原作とは別世界なものばかっかり観ていたけれど

「乱歩地獄」は、活字の乱歩好きにうれしい、ひさしぶりな小説風作品。
一作一作の短編集。
オシャレ(!)な「芋虫」とか、
生きたまま発見されてよかった柾木愛造とか。

やっぱり気持ち悪い実相寺作品も短い中で
しっかりドラマしている。和鏡ってすごい。


それはそうと
今朝、NHKニュースで見たバオバブの蜂蜜がとっても気になる。
スポンサーサイト



COMMENT



コメントの投稿

HOME