FC2ブログ

L'ampleur

Kyoto-Karasuma kimono diary

いーかめら

2008-06-07-Sat-22:02
気が付いたら月イチで救急車、
そんなんで普通に暮らしていたのもはなはだしく非常識、今思えば。

でも救急って、今すぐ命に別状の無い人は『またこんど』やから
再来院しない限りどうにもこうにも。

今週やっとこ人生お初の内視鏡の飲み込みに行きました。
『今は小さいから全然痛く無い』『喉元過ぎればコッチのもの』
なかには『きらきらした綺麗なのが近づいて来る、と思ったらそれが胃カメラだったの、あはは』という人まで、カメラ先輩達の前情報を胸にとあるおっきい病院へ!

喉乾いてるので、胃の泡を消す飲み薬が旨い。
筋肉注射は血管に注すのと違ってぜんぜん怖く無い。
せやけど、寝台のうえはまさに阿鼻叫喚之図。こわすぎるよ。激痛やし。
終わって冷静になった後、自分の姿を想像してさらに震えました。悪夢。

先輩達はみなやさしく、
こわがらさんように、と心遣ってくれてたのです。

ふー。

お医者さんより
食道ね、膵臓ね、十二指腸もね、とつぎつぎ病名が。
CTとっといて良かった。
bahuykod2.jpgきょうのごはん。
油だめ、肉も魚もだめ、甘いのもからいのもだめ、とわ。
そして酒は寿命がちぢむ髑髏マーク、とわ。
ありえないー。
スポンサーサイト



COMMENT



コメントの投稿

HOME