FC2ブログ

L'ampleur

Kyoto-Karasuma kimono diary

シスターフッド

2008-02-24-Sun-22:21
またまた雪で、もー縁側は岩手県かというような有り様。
しかし、めげずに今日も着物。
今日は仕事予定のはずが、出張が中止となり気分よく休日のお出かけ。
kohorogi0202411.jpg

コーディネートはやっぱり「春を待つ」。
でもさっそく朝スタバで、上前にカフェミストの洗礼を浴びて憂鬱、
暴力的な乱風と寒さに抗い乍ら、大阪は天満橋のドーンセンターへ。
いままさに、売却されるという渦中の大阪府立女性センターのことです。

 尾崎翠の「地下室アントンの一夜」、「こほろぎ嬢」、「歩行」の三作品をトリロジ-として捉え一遍の映画にしたその名も「こほろぎ嬢」の上映会。
dawnkohorogi02240234.jpg

 ちょっとくすんだ信州紬に作ったばかりの長羽織、ほんとは大正ロマンないでたちで行きたかったけれど、長身手長足長の私には不相応ゆえ昭和レトロというか昭和初期の地味カラーで、羽織紐ももちろん宝石ではなくヒモでした。

 私は、学生以来、久々に『町子』との再会。
町子を演じる石井あす香ちゃんのラブリーなこと。白磁の肌に映えまくる紅色の半襟がものすごく印象的でした。冒頭シーンから着ているあのグレー地のお召しのようなシボのあるくたくたにくたれた着物にお下げの黒リボン★大好きな作品の映画化とは心踊るもので、さっそくmixiでもレビューしてしまいました。
 おや、みれば後頭部だけの観客はみなさんなんだか乙女な(年輩)女性ばかりですね。
と思い乍ら、これは女性視点からの尾崎翠を評価した作品なんだと、ついでに此処はドーンセンターだよ、と今一度気付き、会場に渦巻くシスターフッドに圧倒されつつ、これが今日一番の体験でした。
スポンサーサイト



COMMENT



2008-03-03-Mon-21:32
羽織紐は・・・石が付いた無双...etcよりも,羽織紐らしい房付き...etcがいいですね。男着物だと房無しも流行ってますが・・・どこか柔らかさに欠けるような雰囲気です。

コメントの投稿

HOME