FC2ブログ

L'ampleur

Kyoto-Karasuma kimono diary

蝙蝠桐紋に挑戦

2008-02-13-Wed-21:40
雪振り過ぎよ、と窓際で苦言を呈していたら、
こんな悪天候(雪景色キレイだけどね)にまさかのお仕立て屋さんの訪問!

ワタシの、長羽織が出来ました☆
haori080213kk1.jpg

京都上七軒の弓月さんのお召。
平家納経の地紋を経暈しにした紫。羽裏も唐草にしました。

とにかく年始開けの予算の無い時期に低コスト主義で作ったので
生地も弓月さんの中では安手(でもこの唐草みっしり地紋が品良くて好きです)、
本来なら凝り所である羽裏も、表と柄を合わせただけという
面白味の全く無い組み合わせなのですが、

唯一がんばったのが、この紋。
haorimon080213kk2.jpg

この蝙蝠桐を金銀糸で入れてもらいました。葡萄酒色を差し色に。

桐の花が大好きなのですが、なかなか遊んだ紋を見つけられず
やっと唐紙の紋様でこの蝙蝠サンを発見。
別名光琳桐、
紋帳をしらべると、やっぱり同じのが載っていました。
本来ならば、洒落紋というのはこれよりひと回り大きく在るべきなのですが、
あえて家紋サイズなのです。

こんな
http://www.omiyakamon.co.jp/ag/motif/koumorikiri/index.html
帯留めも先程発見しました。

お仕立て代23000円にプラス、デザインと刺繍で10000円也。
さて如何にして払おうか。
紋代でもっと裏に凝れるのではないですか・・・と
自問してみたり。
haorihimo080213kk3.jpg

こちらも低コストの羽織り紐。ナイチャ製、これも蝙蝠紋との御縁かな。
色がアンティークっぽくて可愛いのです。
スポンサーサイト



COMMENT



管理人のみ閲覧できます

2008-02-14-Thu-10:52
このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008-02-14-Thu-19:13
うーん、素敵な羽織ですね。
蝙蝠の紋がとてもいい感じ。唐草、蝙蝠いずれも好み。うらやましいです。
クモの巣の柄の小紋を迷っているうちに結局、手にすることができなかったことがあって悔やんでいます。ああ、私も羽織を新調したくなりました。

2008-02-14-Thu-21:25
tensyo78さん
ありがとうございます。
羽織に紋を入れたのは初めてで、どきどきでしたが、そういって頂けると嬉しいす。

私も。
先日、小紋を諦めたところ夢に出て来ました。着物は出逢いと諦めの迷宮ですから。
蜘蛛の巣柄は風呂敷で持っていますが、次に羽織を作るなら(定番ですが)羽裏にクモの巣も良いかなぁ、と思っています。

管理人のみ閲覧できます

2008-02-15-Fri-02:12
このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008-02-15-Fri-20:37
naoさん
そうですね。唐草が大切なものを包むように、クモの糸は幸運を掴む象徴のようですね。クモの巣は古くは抗菌薬だったり、瑞兆だと言ったり面白い紋様です。

コメントの投稿

HOME