FC2ブログ

L'ampleur

Kyoto-Karasuma kimono diary

ももいろ

2008-02-08-Fri-20:40
八掛実物を持って来てもらいました。
そいで、やっぱり憧れのピンク。
訪問着や付け下げ、無地にではなく、
オシャレ着の小紋にピンクというのが
めっちゃ乙女なことした!と、この上ない自己満足です。

だいたい渋い色付けて
「年取っても着れる」と言われて喜べるのは
たぶんホントに若いうちだけ。
否、その前に破れますが。

こうやって見ると
20080208181230.jpg


一目瞭然なのに
20080208181218.jpg


あの豆サイズの見本帳から
選ぶのって、やはりちょっとした技です。

最近はなんでもかんでも共色か墨色が多いので、
街行く人を見てもつまらなくて、
なんでもない感じの着物でも
八掛に、意外でオシャレな色が付いていたら
まず他に褒めるとこいっぱいあるので、
八掛の色がいいネなんてなかなか言わないけど
猛烈に尊敬してしまう。

スポンサーサイト



COMMENT



2008-02-08-Fri-23:55
洋服の場合,年齢を重ねれば重ねる程,派手目な色で肌の衰えをカバーしたりするのに・・・着物は,だんだんご隠居様ムードにされてしまいますね。笑。
ピンクって,一番,日本っぽいというか・・・やさしい雰囲気ですね。そういえば,先日,濃い緑色の小紋に,真っ赤な八掛の着物を着た若い女性がいて・・・裏で遊んでるなと思いました。

2008-02-10-Sun-21:48
幸田文サンのエッセイで、歳いったのでモミを付けて・・・という一節がありました。
一つ覚えに赤やオレンジ付けてるリサイクル着物も厭なんだけど、やっぱり裏で遊びたいです。
肌の衰えかぁ・・・(笑)
やはり御隠居カラーでキマるのは20代までってことでしょうか。

コメントの投稿

HOME