FC2ブログ

L'ampleur

Kyoto-Karasuma kimono diary

大山崎山荘

2007-08-26-Sun-20:25
サントリー蒸留所に向かいそうになる足をぐぐっと押さえ、
はじめて『大山崎山荘』に行きました。

JR大山崎駅下車、これがあの妙喜庵だと理解するのに3分。国宝の妙喜庵待庵があります。
20070826195918.jpg

http://www.remus.dti.ne.jp/~masa-t/sub2.html
本日同行の友人は、かつてここを訪れたことがあるそう。
でも『渋すぎて』当時は理解出来なかった、って。

今日はひさしぶりに洋服なので、日焼け完全防備。駅から10分。けど山道。目の前を美術館への送迎バスが通りすぎる!ミスった。
20070826195820.jpg


正面玄関をくぐると可愛い大山崎山荘が見えます。
イギリスのチューダー様式の洋館。
20070826195839.jpg

照明もカワイイから。
20070826195856.jpg


濁った水にちょっと現実を感じる庭園。
アスファルト色に浮かぶ鯉・・・。
20070826195758.jpg


新館があって安藤忠雄だなぁという一棟。
残念ながらモネの睡蓮は晩年の作なため、あの日の光に吸い込まれてしまいそうな絵は一枚もないのですが。

この美術館、以前は京都財界の社交の場、高級レストランとして利用されていたそうです。
今日同行した友人のお父様がその当時の会員だったため、こどもの頃来た記憶があるそう。
会員制、高級というだけに、家族で訪れる度、給仕係りの人がビシっと並んでいて子供ながらに緊張していたそうです。
今の山荘にはまったくそんな雰囲気はないけれど、高台から見下ろす景色はなかなか贅沢やと思う。

お庭にはいろんな木があって、見てるだけで痒くなるんやけど不思議な形に惹かれていっぱい写真撮った。
20070826195906.jpg

スポンサーサイト



COMMENT



コメントの投稿

HOME