FC2ブログ

L'ampleur

Kyoto-Karasuma kimono diary

うそつき襦袢と河童

2006-10-06-Fri-22:28
クロの大島に風神雷神の襦袢、とかストライプのお召しに女河童の襦袢とかいう組合せに飽きてきました。獅子とか浮世絵とか鳥獣戯画も。超遅れてやってきた大正ロマン・ブームの所為です。
花柄は着物の帯も苦手だったけど、こんな可愛い辻ケ花風のを見つけたので襦袢ならと思って一反買ってみた。配色がいろいろあって黒地に青い花とか、オウス地のとか迷ったけど、自分としてはかなり思いきってピンクベージュ。いつも頼んでいる仕立て屋さんに袖2セットと裾よけを作ってもらった。仕立て代12000円也。長襦袢は3枚しか持ってなくて、あとは全部袖だけと裾よけを作ってもらって、ついでに自分の着物の袖内側に縫い付けてもらう。
ずっとこの調子なので、この間ひさしぶりに長襦袢着たら、背筋がしゃきっとして気持ちよかった。
そういえば、『美しいキモノ』とか雑誌のモデルさんて襦袢着てない。友人に指摘されて最近気付きました。
hana1.jpg


我が家で一番可愛い河童さん。おてしょも黄桜の小島功氏のを愛用中。
kappa.jpg

スポンサーサイト



COMMENT



コメントの投稿

HOME