FC2ブログ

L'ampleur

Kyoto-Karasuma kimono diary

林屋 辰三郎先生 ビバ

2006-10-03-Tue-22:56
『近所のお寺とか行かへんしぃ』というのは、京都人だけでなく観光地生まれの口癖なのかもしれませんが、竜安寺と天竜寺をおもいっきり間違えたり山紫水明ってなに?ってゆってみたりするのはどーかと思いまス。ほんまに。(石庭で有名な方が竜安寺。ゲイリ-・スナイダ-みたいな禅外人に遭遇する。)

林屋 辰三郎先生の著作、その名も『京都』。
キホン的には京都の名所旧跡の話なんやけど、古代から王朝の歴史、伝統産業や祭りのルーツが分かりやすく美しい日本語で記されております。昭和学者のムーディーな文章!
hayasi.jpg

スポンサーサイト



COMMENT



コメントの投稿

HOME