FC2ブログ

L'ampleur

Kyoto-Karasuma kimono diary

うずら縮緬の帯揚、うっとりな日

2007-07-05-Thu-22:47
最近、
絞りの帯揚げにハマっています。

揚は、品の良い絞り。〆はゆるぎ(白か薄グレーか朱)。という
まるでキモノ通気取りな趣向になってきました。

以前は、フォーマルでもシックなもの、
また派手だったり珍な感じのするシャレもの
20070705220720.jpg

こんな感じに。

昨日仕事で堺町三条上ガル、の〆・揚の小物メーカーさん
渡敬株式会社へ行った際一目惚れしてしまった、うずら縮緬の帯揚げ。
個人的に購入させていただきました。
http://www.wata-kei.co.jp/outline.htm
20070705220814.jpg


他にもブルー&ピンクの可愛い絞り!これも好き、といって
購入しました。単衣の季節に。
もういいお年、なのでこんなラブリーなものしてていいのか分からないけど・・・。
あえ反時代的なものに惹かれます。
20070705220848.jpg


以前はゑり萬の飛び絞りを見ても、『舞妓ちゃん』やん、って思っていたのに。
http://foohome.com/kimono/eriman.html
絶妙な絞りの数や色、そして12000円という超お手軽さ。
和スタンダード恐るべし。
今度一枚買おうかな。。

組紐に関しては、なかなか職人がおらず需要と賃金のバランスが
非常に難しく伊賀で組んでもらうのにも時間がかかっているのが現状だそうです。
帯〆(帯締め)はいわば帯の最後の仕上げ、一番上にくるシメ。
私が好きなのはゑり善さんで購入することが出来る、撚り房の観世。
スタンダードないいもんが品質たもってずっと続いて欲しい。
スポンサーサイト



COMMENT



コメントの投稿

TRACKBACK

ネットカフェ 難民

いま、TVとかでけっこう話題の特定の家に帰らず、漫画喫茶にすみつくというネットカフェ難民…若くしてホームレス状態の彼らの人生、21世紀ホームレスとでもいうのでしょか生活事態は不潔というものではありませ
HOME