FC2ブログ

L'ampleur

Kyoto-Karasuma kimono diary

猫は跳ぶ

2008-08-30-Sat-22:50
Elizabeth Dorothea Cole Bowen(1899-1973)
アングロ・アイリッシュの女性作家、Elizabeth Bowenの短編「The Cat Jumps」を読む。

DSC04118.jpg
はじめて読む、エリザベス・ボウエン。前から気になっていたものの図書館で探すのが億劫で、やっとオムニバスから入門。福武文庫の『イギリス怪奇傑作集 猫は跳ぶ』。

初出は1934年のアンソロジー、The Cat Jumps and Other Stories。

過去に殺人事件のあった屋敷の値段の安さに嬉々として転居する夫婦、新居祝いに集まった友人たちとの会食がいつしか奇妙な空気に包まれて・・・。
隣に人が居るから恐ろしい、サイコロジカル・ホラー。

屋敷で何が起きたのか。過去の殺人事件については小説に(怪奇小説に)ありがちな説明段落もなく、ただ「空気読めない」友人の口からポロポロとこぼれ出る謎めいたうわさ話が繰り返されます。夜更けとともにエスカレートしてゆく「殺人者のうわさ」と初めも終わりも分からぬぼんやりとした恐怖。
ボウエンの作品は、読み手を恐怖と興奮の中に取り残してぴっちりとその扉を閉ざします。


ところで私は一息読んで、「ほんで猫は?」と思ったのですが(猫はあくまでも修辞としてのみ登場するばかり)、これは『See which way the cat jumps.(日より見する)』などのイギリスの慣用表現で「情勢を見る、大勢が決する」とゆうことのようです。 そんなこと知らんがな、と思いつつも知らないゆえにこの「猫は跳ぶ」ってゆうタイトルがより怪奇短編にふさわしい締まったものに感じられました。

締まっているといえば、訳者も冴えているのか、書き出し、結びがとても印象的。簡潔なんだけど、ぐっと持ってかれる。まるで数学の練習問題に出てくる、クリアな線で描かれた複合図形を見ているような気持ちになりました。


・・・・食卓を囲んだ全員の知的な顔になが・・・・・たとえば明確さのようなものが・・・・・・欠けていた。溶鉱炉の火に一瞬さらされた蝋人形の顔のようだった。暗い秘密の洞穴から出てくるような声。不信任票を投げつけあうような会話。だれもがある種の人格破壊に襲われたかのようだった。

・・・・そういえば電球に煙のような薄い幕がかかったかのようにぼやけていることに全員が気付いていた。明かりが薄らいでいってひとつひとつのランプがぼやっとしたオーロラの魂のように見えた。自分の気のせいだと思ってだれも言い出さなかったのだ。
「電気ってのは変なもんだね」とハロルドがいった。
うなずいたのはカターレットだけだった。


そんなこんなの中で、登場人物たちによってとりとめなく繰り出される「」の言葉が絡み合って、じんわりと終わりのない恐怖が体の中に忍び込んできます。幽霊が出てくるわけではなく、それでもってシャイニングのような狂気のおっかけっこでも無く。とゆうわけで、ネタバレのしようも無く・・・。

popthecatjumps kyt114
ちなみにこのアンソロジーは、旺文社文庫の選集『夜光死体』の再編集版のため、猫までの道のりは・・・コナン・ドイル「革の漏斗」、「故エルヴィシャム氏の物語」H・G・ウエルズと王道をゆき、「ある古衣の物語」の古典的恐怖の洗礼を受けることになります。
最後に収録された、「月に撃たれて」ではスイスの山奥に、レンズ狂魔界が登場。作品全体に漂う遣る瀬無さがまさに乱歩、でした。

昔のミステリー作家は短編がシブイ、と思うけれど、突き刺さるような心理描写と一種の幻想小説的スパイスも効いたエリザベス・ボウエン、長編が読みたい。ついでにこのビミョーな感じを是非原文でも読みたいな。
スポンサーサイト



いちご泥棒

2008-08-29-Fri-21:50
桐箪笥は、まだまだ湿気との闘い。だけど心はウロコ雲に秋単衣。

かわいいフライヤーに心躍る。
morrisu12dop08080871.jpg

LIFE AND ART///ARTS&CRAFTS FROM MORRIS TO MINGEI
~Hane nothing in your houses that you do not know to be useful or believe to be beautiful.
Image382morrisndnd.jpg

9/13~11/9、京都国立近代博物館 生活と芸術-アーツ&クラフト展

ARTS&CRAFTS が京都にやってくる。
何着てゆこうかな、と考える、そんな甲斐ある久しぶりのハリキリ展です。

卒業

2008-08-29-Fri-08:00
ついに西陣を去ることになり、昨夜は送別会をしてもらいました。泣く。

20080828102.jpg

そういえばこの業界に来て、花の名前を随分覚えたような気がする。

20080828poyt.jpg
近頃では、季節のルールがややこしいから花柄は嫌という人がいたり、また季節感が出ないほうが気にせず着用できる、ということでなんだか洋花と蔓草がアレンジされたような柄も多いですが、実際その植物を知ると、花柄の良さというものがだんだんとわかって来るのです。

草花が身近にあればあるほど、その美しさを纏ってみたくなるのが人情なのかと、最近は通りに出ても民家を飾る花たちをいろいろチェックするようになった。

インドネシア更紗のすべて

2008-08-25-Mon-22:02
地下へ地下へ潜ってゆくのが楽しい、岡崎の細見美術館へゆく。
展示は『インドネシア更紗のすべて』。コンパクトにまとまっていて、非常に濃い内容でした。
色の洪水、プリミティヴな紋様のタッチ。直に手で触れることは出来なくても、視覚で感じるすべてからインドネシアの文化風土が透出てくる。眼前に広がる熱帯の自然、脳内で思いを馳せる宇宙世界・・・。感動を思うままに布地に表現できる人間の喜びが、目いっぱいに伝わってきた。

『更紗』というだけで幾何学狩猟に唐草ペーズリー・・・のイメージばかりが先行したけれど、インドや中近東のものとは赴きを異にした、可憐な紋様が多くありました。それらが程よくヨーロッパ趣味と溶け合って、「やっぱりバティックの着尺が欲しいなぁ」と思った。

今日は男キモノ。帯も角帯の超オフ仕様。で、太鼓たたいて忘我する。
2008082okhirimiddo.jpg

お洒落しゃれても

2008-08-23-Sat-20:40
「美しく歳をとる」という言葉が、得体の知れないものに思えた子供の頃、明治生まれの長寿で恋愛話盛りだくさんのおばあさんは、私の頭の中できっと瀬戸内寂聴さん(そんな年齢じゃないのに)などとミックスミックスされていた。
ようやく生きてきた短い時間を振り返ることが出来るようになった今、人生ってゆうのはそのときにならないとなんにも分からないんだなぁ、と思う。

「宇野千代 きもの手帖」のなかに、『お洒落は生きている証し』というのがある。

・・・お洒落は見てくれだけをよくすることから始まって、何か、これまでになかったものを考え出す、原動力になることがある、と思うのです。
・・・「お洒落をしよう」という意欲が、そのまま、生きているということの証拠だからです。

とファッションに無関心でいることを自慢するフェミな人々をばっさり斬ってしまいます。

宇野千代のデザインした着物の写真を見る。おはしょり無しのボディコンシャス、二寸にも満たない細帯。
それはディオール、カルダンの、あの時代ならではのぶっ飛んだ過去の遺物に感じられるかもしれない。
けれど「どうやったら着物をカッコよく着られるか」、江戸、明治、大正、昭和、平成・・・モノの無い時代でも、海外文化に取ってかわられようとする時代も途絶えることなく、着物文化はたくさんの人の手垢を付けられて変化してきたんやなぁ、と感心してしまうのです。
DSC04049.jpg
― 装丁もgood、写真も多く、読後感のある一冊。
二見書房 1300円也


洋服ばっかりの時代になって、ついに着物も洋服感覚で、とデザインされたさまざまな宇野千代の着物たち。あの襦袢のような柄の小紋や、無地感覚の洒落着、昼間に着る浴衣など、今では安価な和装アイテムのメインストリームになっている。
数年前は浴衣がミニスカ化したり、袖からひらひらレースがのぞいたり、新しいもの好きの日本人の感覚に無限に答えられる民族衣装。(流行り廃りはあるものの、なんだかんだ眉を顰められながらも、若者キモノは社会的にいちおう許容範囲だったりする。)

こんな衣装文化があるって、スゴイ。

流れる

2008-08-22-Fri-22:24
成瀬巳喜男監督の「流れる」を見る。
幸田文の原作は残念ながら・・・読んだことが無い。

傾いてゆく柳橋の置屋を描いた成瀬巳喜男監督作品。
成瀬巳喜男の映画は好きでいくつか観ましたが、
女性を撮るならこの人・・・というイミが本作でやっとわかりました。

流れる流れる
(2005/08/26)
田中絹代山田五十鈴

商品詳細を見る


キモノ視点では、衣装から顔のこしらえまでオンオフがものすごく良かった。
ラストの山田五十鈴&杉村春子のダブル三味線と高峰秀子の足踏みミシンの
切り替え、さらにそのチントン&ガッコンガッコンに音楽が被って「終」にいたる
不思議な間に持っていかれました。

栗島すみ子が出ているから手にしただけなのに・・・・。
メインの役どころすべてが「おばさん」でここまで釘付け
にするなんて。すごい作品だ。

You Tubeでこんなん見てしまった。
伊藤つかさ 対 栗島すみ子

きもの文化検定を受ける

2008-08-22-Fri-12:28
昨日から超涼しい。

この秋はちょっと暇なので、いろいろお勉強をしてみよう。
苦戦中のフランス語で、ついつい自己嫌悪に陥ってしまうなか、
励みにひとつ自分の得意分野、そう。英語と着物。

とはいえ検定料の馬鹿にならず、この社団法人全日本きもの振興会によるきもの文化検定、飛び級受験出来ない!という時間とお金の無駄システムにもがっくりして、諦めました。

が、昨晩このことについて「受けようと思ったけど辞めるわー」と家で一言つぶやいたところ、
「一体お前には女性として人に言えるような趣味があるのか」(お茶とかお花とかなんにもしてへんやろ!!というイミ)、「受けるだけでも受けたらどうか」という逆コースで・・・やっぱり今秋受験することになった。

5・4級と3級の併願で9000円。問題内容のレベルの低さにちょっと切ないものを感じる。ただ検定ブームの趣味趣味試験とはいえ、このレベルというイミで英検3級などと比較してみると確かに妥当な線を突いているのかもしれないと思う。(3級ってゆうと要するに中学生レベルということやし。)
受験するのはオトナだけじゃありません。

そう、納得いかないのはやっぱり飛び級受験出来へんってゆうシステムの所為かぁ・・・・

しかしながらあまり余裕をかましてもいられないのです。
発売前に見せて貰った今回の「うつくしいキモノ」秋号掲載の二級模擬試験はなかなかマニアックでフツーに間違えたり。七割以上で合格だそうですが、合否そのもの意味のある試験ではないのだし、百点目指してお勉強しようと思う。

で、これ買った。
きものの たのしみ 改訂版 (きもの文化検定公式教本II) きもの文化検定3級・2級試験公式教本 (きもの文化検定公式教本 2)きものの たのしみ 改訂版 (きもの文化検定公式教本II) きもの文化検定3級・2級試験公式教本 (きもの文化検定公式教本 2)
(2008/06/21)
(社)全日本きもの振興会

商品詳細を見る


ついでに注文してしまったコレは、ダメでした・・・。図書館にでも寄付しよう。
きものの基本一問一答 全日本きもの振興推薦模擬問題集 (タツミムック)きものの基本一問一答 全日本きもの振興推薦模擬問題集 (タツミムック)
(2007/07/17)
不明

商品詳細を見る

男のキモノ、売り方買い方

2008-08-20-Wed-20:09
女子厳禁。今日は、こんなのを読みました。
文体も女性誌とはまた違った趣で、価格が明記されているあたりなんかも男性向けやなぁと思った。

サライ 2008年 7/3号 [雑誌]サライ 2008年 7/3号 [雑誌]
(2008/06/19)
不明

商品詳細を見る


おなじ着物とはいえ、男と女の着物世界は似て非なるもの。
『着物好きの集まり』ならいざしらず、絶対女子より少数派、
男の人が着物に惹かれる感覚というのが時には不思議に思えたりします。

以前、東京の某おとこキモノ店で働いていた知人いわく
やはり男性客は電車が好き、歴史が好き、
と同じく非常にマニアックであるそうで
現実的な女性といえば、
見る→触る→(ここが重要)着装する→で、やっぱり値段
→でもって決まった時には一本締め?!(田舎の呉服屋さん!)ですが
それに引き換え男性の場合、織の組織とかどうこう、
とかゆう話に結構萌えて下さったりするそう。

また、自分の担当の女性店員の出勤時間を狙っては、
店に花とメッセージカードを置いてゆくお客さんもいたそうです。
(男と女が入れ替わったと考えただけで、
なんとも不思議な印象を受けました。
展示会におばちゃんがおはぎ持ってくるのとは違う気がします。)

つまり「おとこキモノ」は、付き合いで行く展示会でもなく、娘の振袖見に来たついででもなく、ちょっぴり非日常な、お洒落でロマンチックな世界なのだと思う。

もし自分の夫が着物にハマったら・・・?
サライ世代さま、じゃんじゃん着物にハマってください。京都の観光名所にも着物姿増えたら、素敵です。着物が広まったらもっと素敵。果たしておっちゃんの着物姿は、道行くおっちゃんのハートを掴むのでしょうか。


CAFE PROVERBS 15:17

2008-08-15-Fri-19:34
ベジビビンバ。
cafeproverb080151.jpg
京都は左京区百万遍にある、ヴィーガン・カフェにゆく。

今日は、知恩寺さんの手作り市開催のため、「限定メニュー」だった。
マーボ茄子丼or、豆乳ラーメンor、ビビンバとのこと。

限定メニュー限定のビビンバと、うわさの豆乳ラーメンをオーダーする。

ベジフードの宿命か、カフェ飯の限界か、
おうちご飯にはどうしても勝てないこの手のメニュー。
そんななかでは、工夫されているのかなぁ、と思う。

噂の豆乳ラーメン、ヴィーガンでこのコクを出すのはすごいとおもう。

そしてチョコケーキも。こゆ甘い。
proverb080152.jpg

カフェとしては・・・スタッフの対応が、一生懸命なのだけどなんだかガサガサしている。
混んでるとか空いているということとは無関係に、
全体的に非常に落ち着きが無く、ちょっとお掃除不行届きな感が否めないので
ゆっくりお茶出来る場所ではない。

御飯屋さんとして、ほかのメニューも食べてみたい。

それにしても、ヴィーガンメニューは、動物性の穴を埋めるかのように
油が多いのが気になるところ。精進料理も同じく。
伝統なので、仕方ないのかなぁ。

とはいえ一般食堂にて、あれこれ食べれる食べれないと神経使うより
全メニュー気にせずオーダー出来るお気軽さはすばらしいと思う。 

CAFE PROVERBS  15:17
〒606-8225 京都府京都市左京区田中門前町28-20 ドムス百万遍 3F
Domus Hyakumanben 3F, 28-20 Tanakamonzen-cho, Sakyo-ku Kyoto

江戸服飾史 

2008-08-14-Thu-21:17
まれに外国の方に聞かれることがある。
なんでそんな変なカタチのベルト(帯)なん?と。
(いやいや、これが熱狂ジャポニスムの重要アイテムなんだってば~)

着物マニアとしては、のぞむところだ!、なので話長くなるけど良い・・・・?と17世紀までさかのぼって話してしまうけれど、帯の形ひとつ語るにもキモノの歴史はあまりに長く深く広いなぁと思います。
うかつな質問をしたガイジンさんも可愛そうになるくらい。

たまに美術館に屏風絵を見に行っても、解説に出てくる用語が意味不明だったり、時代劇のコスチューム考証が本当に妥当なものなのか気になったり。ステレオタイプ化されている割に謎だらけな江戸ファッションが知りたい。頭の先からつめの先まで。
江戸服飾史江戸服飾史
(1998/09)
金沢 康隆

商品詳細を見る


金沢 康隆著のズバリ「江戸服飾史」。
じつは1998年ではなく、1962年発行のリイシューなのです。
カラー版の本がけっこうあるけれど、むしろ当時の流行、政治の流れと抱き合わせて考証する本書のほうが、すんなり「腑に落ちて」面白かったりする。

「抜き衣紋」の発祥は江戸初期の女子ではなく、関東若侍だとあった。キレイに見せたうなじと胸高の袴(帯)は、若々しくって上品で、今も昔も同じようだ。

400年経った今、着姿も社会制度も激変しているのに、根本的には美的感覚やファッションセンスはあんまり変わってなかったりする。

乱歩が、エッセイか何かで「帽子いややし頭巾がいい」というようなことを書いていたけれど、この頭巾だけはいつかかぶってみたい。
DSC03886.jpg
てゆうか、幕末までふつうに被ってたんだよねぇ。怪しいなぁ。
それに面長な、ヤマト美人しか絶対似合わない、とおもふ。

紅い襦袢が着たくなる・・・納涼、雪国

2008-08-13-Wed-22:07
キモノ映画なら岩下志麻。ただし極妻は除く、ですが。(恐ろしいから・・・)
雪国雪国
(2004/12/23)
岩下志麻木村功

商品詳細を見る

地方の芸者さん、という土着な役柄が、肌から匂うキモノ姿。
演技力とかではなくって、この年齢不詳な目力すごい。
なにか地でゆくかのような強引な感じが、岸恵子の美貌も、どこかへ押しやられてしまいそう。

女から見た川端作品の女性像なんて楽しくもなんともないのだけれど、
志麻ちゃんからは片時も目が離せなかった。まさに、雪国に咲くお花です。

かつらにお引きずりも、田舎町で浮きまくっている派手な大島姿もヨシ。
芸者の頭にもんぺ姿、ぞくぞく。

雪のなかで糸をつくり、雪のなかで織り、雪の水に洗い、雪の上に晒す。績(う)み始めてから織り終るまで、すべては雪のなかであった。雪ありて縮(ちぢみ)あり、雪は縮の親というべしと、昔の人も本に書いている。

ちぢみの産地、高機のシーンもちらっと。
雪の上に反物をさらしているところも映画ながら、おお、となった。

ちぢみ欲しー。コレ。
akasitidimiyagasuri0808.jpg
。コレ。


和装小物の史実in1964

2008-08-13-Wed-11:39
暑いのに、避暑先 同志社大学寒梅館がお盆で閉まっていたりしたので
あわてて立命に駆け込む。卒業生だと本も借りれる。
けれど、やっぱりうら寂しい衣笠校舎。
ふと見知ったヒトが歩いて居たりする。
お互い様ながら、なぜ?

ついでに造形大図書館にもお邪魔する。ここは誰でも入れるそうです。
さずが芸大。暑苦しいほどのおっきなオブジェが校内にたくさんあって、いちいち感嘆の声をあげそうになる。

外には猫ちゃんもおります。

wasoukomoo.jpg
今日の読書、和装小物(半襟)界の大大番頭、高島 与市郎著『和装小物の史実 (1964年)』。探していた本なので、ウレシイ。著者の日記と並行して、大正・昭和の超細かい半襟の流行変遷や、江戸に遡っての和装小物について様々の考証。
まさに生き字引ならではの、ナマの資料たち。

半襟は首飾りである、とか。
帯留は、衣装をつけた女性全体を総合的にまとめる、画でいえば落款のようなものと存じます・・・とかとか。
mai0808014.jpg
和田卯一郎考案「銃後の流行を語る人形座談会」
・・・あまり写実的なものは紋様になりませんわ・・・
銃後婦人の精神で・・・・半襟や帯揚げなどに千人針紋様など、
絞りなど扱ってみたらと思います。
私は軍用列車の偽装紋様に興味を持っているのです・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
などなど。


人類学ゲイシャLIZA DALBY「KIMONO fashion culture」もペラ読みする。
Kimono: Fashioning CultureKimono: Fashioning Culture
(2001/10)
Liza Crihfield Dalby

商品詳細を見る
「KIMONO fashion culture」もペラ読みする。
cumbersomeでanachronisticでruinous prices・・・・。
それでも乙女はキモノ好き・・・・


大菩薩峠の富士子姫

2008-08-12-Tue-22:16
bosatsu5.jpg

お盆休み前半、ナイトタイムはキモノ映画鑑賞会に費やす、
と思っていたら第一夜は「ベティ・ペイジ」、
第二夜は難波にてNuminous Eye 、山本精一&PSYCHEDELIC JET SETSなどを観賞。

あらためまして、「大菩薩峠」DVD-ON。
狂気の雷蔵、真っ黒着流し(背紋に左馬)に目を奪われるのも束の間、
机龍之助と内縁関係になってからの玉緒のキモノ!
ぱっちりとした小紋柄。蝶柄の帯姿にあのネコ顔、全体的にトーンを
落とした渋い配色のコーディネイト、きっちりした着付けでお洒落なところが
よりいっそうドロドロな夫婦関係を浮き上がらせていて良い。

それからやっぱり、山本富士子サン!
水色の紅型にピンクの半襟で恋に落ちる雨のシーンにはじまり、遊郭、大名屋敷などなど
華やか可憐な「カラーコーディネート」は、すぐにでもコスプレしたくなること間違いなし。
大百点満点の昭和KIMONO姫なのです。

a4_thumb.jpg
イエイ

映画はそれこそ「嵐が丘」のように、これからがえらいことやで、
という前で終わる。
でも嵐が丘とちがってちゃんと続編もあってトリロジーなのだそうです。

という私も原作は六巻か七巻くらいで断念した。
いったい、あの後なにがどうなってしまうんだろう・・・。

アンティーク小紋が・・・被布衿コート完成

2008-08-07-Thu-21:05
年齢的にも、浴衣に大興奮出来ない、今日この頃。
上布にしたらいいやん、と悪魔のささやきが聞こえても、
ほんとは浴衣にする勇気がないねん。

夏着物はすでに食べこぼしたりなんだかんだでクリーニングへ出払っており
ちょこっとキモノ生活から遠ざかっていたところ、、、
忘れたころにお仕立屋さんからのサプライズ!
(自分で頼んでおきながら・・・)

寸法があわず着れなかった、まさに箪笥のこやし
この総柄小紋をほどいて・・・
komonantiquemoa1.jpg

オトナの被布コート完成!
komonantiquemoa3.jpg

いろいろ悩んだ衿。
komonantiquemoa4.jpg

こうやってトルソーに着せると、世紀末ドレスのよう・・・。
衣紋抜きじゃないとね・・・。
komonantiquemoa2.jpg

最大のこだわり。ぽっこり袖、リボンつき!!
komonantiquemoa5.jpg

また一歩、心は冬に近づいた。

シルクのほわほわ

2008-08-07-Thu-20:39
これ、じつは
watakei8801.jpg

帯締めなのです。
watakei8802.jpg

三つ杵印、堺町三条にある渡敬さんの新作。

シルクのぽわぽわがやばい。
触ると(当たり前やけど)絹鳴りの音。
このアイスカラーにも一目惚れした。

早、心は衣替え。クリスマスや新春のドレスアップにもいいけど、
なごり雪の季節に、かわいい小紋でお出かけもいいなぁ。
HOME