FC2ブログ

L'ampleur

Kyoto-Karasuma kimono diary

日本橋高島屋の夏

2007-07-31-Tue-22:17
本日のハードスケジュール、
三越呉服フロア→三井記念美術館→日本橋高島屋→丸善→目黒雅叙園→Bunkamura・・・

夏って呉服フロアもなんだか寂しいなぁ。
夏帯で洒落た袋ってなかなか無いです。

高島屋の主役も塩沢と白鷹お召し。
単衣の帯って書かれていたので
期待して見にいったけどほとんど名古屋でした。
でもオシャレ-。
そして、さすがデパートって思うどんぴしゃな価格。
着物初心者にはすべてが参考になるなぁ、とつくづく実感しました。

夏は、つい小物に目がいく。
伊と忠のパナマ、竺仙の浴衣にいせ辰の手ぬぐい。

京扇堂でアホアホ波兎柄の扇子を買いました。
20070802231022.jpg


8Fで『日本の絹展』という催し。

これが本小石丸。(の幼虫)
20070802222409.jpg

もしゃもしゃすごい勢いで喰ってた。
見た目にまったく普通の蚕と変わらないのが不思議。
スポンサーサイト



タロー書房

2007-07-27-Fri-21:57
アツーイ。
ふぅふぅ言いながら歩いた。
静かに歩きたいんやけど『ふぅふぅ』がとまらん。

三越呉服フロア探検ついでに
タロー書房へ。
今まで気付いてなかったけど(まじめに『タワー書房』て思ってた)
岡本太郎デザインなのね。
画伯の親戚経営なのだそう。
http://www.taroshobou.com/taro.jpg


このあたりは足を伸ばせば天下の丸善があるのだけど、
なかなか寄ってしまうような本屋が少ないです。
タロー書房も別にマニアックな品揃えではないのだけど
ついつい文庫コーナーで立ち読んでしまう。
駅の出口ってのが良いよねぇ。階段急なのが難点。

taro2.jpg

中身は食通王キュルノンスキーによるフランス地方料理賛歌『美食の歓び』。
中央文庫BIBLIOは見た目が美しくてつい手に取ってしまう。
冷房すずやかな処で、びぃる飲んで読むべし。
夏バテの食欲が復活。

精神の散歩道 タロー書房
中央区日本橋室町1-5-5
03-3241-2701

さかな!

2007-07-24-Tue-21:11
今日から出張またまた出張です。
人形町界隈はもうかなり詳しくなってしまった。

今回の滞在は短いので、呉服屋巡りと美術館巡り
(三井記念美術館と太田記念美術館とBunkamuraミュージアム)に徹する予定。

お昼ごはんに
超ひさしぶり、『魚よし』へ。
なんだかニューな看板が。
uoyosi.jpg

東京都中央区日本橋久松町12-6
電話 03-3661-2850


焼き魚が美味しくて有名でコミコミなお店。
sakana1.jpg

今日は奮発して焼きブツ定食。
焼魚とマグロのブツなのです。
メインはやっぱり焼魚やねんけど、狭い店だけにまわりでブツ食べたはったら
どうしても焼きブツ頼んでしまう。1450円なのでまさしく奮発。東京値段!
(そんでもたいがい会社の人に奢ってもらう。女子特権。)

うまいー。ムツうまい。
sakana2.jpg

なんでこんなに脂こってりやのにもたれないの・・・。
こだわりの米も美味しいので老若男女関係無く完食してしまう。

びぃる飲みたいけどアルコールはありません。
出てくるお茶が夏でも熱いのが良いです。

しあわせ。

秦荘紬

2007-07-20-Fri-23:59
今日から世間は夏休み、
私は仕事で近江上布で有名な織物の産地、滋賀県にある
織の資料館『金剛苑』に行って来ました。
これがまた車ないといけへんよ、という辺鄙なとこにあるのですが
明治22年創業の川口織物有限会社が絣の染織り、正藍の技術伝承資料館
として昭和53年に設けられた施設で、かなり見応えのあるすごい場所なのです。
20070721211821.jpg

苑内がすべて四季の草木におおわれていて、年中楽しめるオツな場所。
でも個人的には近江上布の質感をリアルタイムで楽しめる夏に行くのが良い。
古い小学校を移築した建物で、中国の古い工場にでも来たような不思議な観光気分。

まず資料館。
天然野蚕と現代では貴重品の真綿もいまや全て輸入。
野蚕は国内で一件のみ長野の会社が『野蚕の飼育』をしているらしい。
飼育といっても網をはった場所での放牧みたいに。
maawata.jpg


700年来の上布に対して、秦氏の名残りを残すネーミングの『秦荘紬』は発祥からみても
せいぜい100年。(2006年の市町村合併により 秦荘町、愛知川町は愛荘町となってしまいました。)
しかしながら結城紬の技法を大幅に取り入れたその風合いの良さは
知名度の低さとは対照的に着物好きにはたまらない魅力。

歴史の浅い織物だけに、独自の紋様などはないそうですが、
緯糸を伊勢型を使って染めたり、伝統の櫛染めや絣の整経などなど
見応えありすぎる工房。
20070722233924.jpg

ついでに藍の瓶も見せてもらえます。
Image0509.jpg

テレビでしか見たことなかったけど
藍の香り!

さらにこの愛知郡の伝統的な民家をそのまま残した生活資料館が
スバラシイ!
20070722233745.jpg

暗い土間のなか、幻想的に見えたのは虫籠。
20070722233828.jpg


最後にお土産&お茶スペース。

藍染めの二重麻のれん、うっとり。
ショーケースの中に値段の付いてない上布のハンカチを発見。
気軽に値段聞いてびっくりしたけど、絣で上布製作工程をあらわした
下手ウマな柄ゆきに一目惚れして買ってしまった。
飾る額買わなければ。

これだけ見て入苑料310円って安すぎる!

滋賀在住で有閑主婦なら苑内にある染織の研修コースに行きたい。
着尺を約40日のコースで150000円から指導を受けて製作出来るそうです。
ほかにもコースターやテーブルセンターや帯などなど。

しかし訪れる人は少ない穴場だ・・・。

旧住所は滋賀県愛知郡秦荘町蚊野外514。
市町村合併後の住所はこちらから
http://www.pref.shiga.jp/shichoson/gappei/

開館時間/休館日: 9:00~17:00
4~11月:月曜日、12~3月:日曜・月曜日、年末年始
入場料: 大人310円、 小人(小・中学生)160円
金剛苑HPhttp://www.nias.affrc.go.jp/silkwave/silkmuseum/SHKongou/kongouen.htm

岡田梅寿堂

2007-07-19-Thu-22:06
昨日は出張で新宿へ。
はじめて都庁に近づいたらほんとに天に届きそう
で首が痛かった。

帰ってきた今日は、次の出張に向けて買い出し。
東京に行くとどこでお茶を買って良いのか
わからないので、岡田梅寿堂へ。
http://www.baijudo.com/
仕事先で出会う東京の方に、
なんとなく三越で買った一保堂のお茶を出すのもどうかなぁ、と思って。

排気ガスもはもはの千本通りとは別世界のいい香り。
okada2.jpg

茶道具も買わないけどついつい見てしまう。
御主人がお茶についていろいろお話してくれたりします。
ついでに飴とかも売ってます。
別に通販でも買えるんだけど、あの角でどっしり商売したはる
お店の雰囲気が好き。

『舞妓の茶』の可愛らしい茶缶。
kan.jpg

我が家では、これにほうじ茶が入っている。
貧乏だからね。
ほうじ茶は一保堂のが良いです。
http://www.ippodo-tea.co.jp/

以前、自宅で石臼でお茶を挽いて飲んでました。
あまりにも澄み渡った覚醒味で、日本茶の歴史と普及率に改めて納得。

宵々山

2007-07-15-Sun-21:39
5時半頃から地下鉄で烏丸四条まで。
晴れたし、宵々山。

相変わらず
30代に手の届く我らおばちゃん予備軍、
さらに子供もう中学生、のマダム達が
安派手浴衣に身を包んでいる現実・・・。
AQUIRAX浴衣マ-メイド柄を購入してる時点で
全く人のこと言えないけど!

でも、全体アベレージは年々アップ
おしゃれな浴衣姿が増えてる。

緞帳がラブリーな北観音山。
20070715211334.jpg


六角室町西入る玉蔵町の元居酒屋前で
日本酒バーあさくらさんの出店。
華鳩の貴醸酒を初体験。
20070715213842.jpg

なんともレトロな味。
いわゆる古酒っぽくなく紹興酒に近いみりんテイスト。

鶴齢純米吟醸も呑みました。
新潟のお酒ってなかなか好きになるものが無いのですが
これはちょっといいかも?
http://www.kakurei.co.jp/

昼間っから

2007-07-15-Sun-14:45
お祭りなので、
昼間っから、ゆかた。
20070715141713.jpg

□綿麻のゆかた仕立て上がり10000円くらい
□博多8寸 リサイクル10000円
□帯〆 観世18900円
□帯揚げ 12000円

最近のゆかたには、プラスチックの襟芯が
付属してる様子。ほんで襟裏に通せるようになっている。
ほら。
20070715144952.jpg


昔は、
デパートの仕立て上がりコーナーで
デザイナーズのが35000円くらいから可愛くて
それ以下はいかにも!な安ーい浴衣だったような記憶があります。

昨今の浴衣、いろいろありすぎ!
特に1万円代の充実っぷりが、ありがたい。

だからみんな、ユニクロで買う必要なんてないのよ。

竹の輪shopの浴衣もかわいい。
http://takenowa.jp/SHOP/g16314/list.html

夕方になったら街に出てゆかたリサーチにゆきます。

ビリーの神様

2007-07-14-Sat-00:41
いまやビリーとぐーぐっってみれば
ジョエルでもホリディでもコ-ガンでもなくまっ先にビリー・ブランクスの時代。

会社のお昼休みにビリー15分、1週間経過。
湿度むんむんの盆地暮らしながら
完全に夏不感症の私が汗をかいた。(ビクトリー1)
完全に途絶えてた食欲が復活、(ビクトリー2)
肉食いたい。

というわけで、
足腰強化祈願のため、会社帰りに『護王神社』寄り道。


由緒ある商売気もある神社なので、夜見ても派手派手。
狛犬の変わりにイノシシ鎮座。
境内がイノシシ・パーク。
鼻息荒いよ。

でも御祭神は、いのししではなく
あの超有名な和気清麻呂と広虫キョウダイなのだそうです。
清麻呂といへば、道鏡。
道鏡は巨根でどうのこうの、と高校の歴史で教えられた記憶がある。
今思えばセクハラのつもりやったんやろか。

境内に干支切手展示コーナーを発見。
これがいちいち可愛い!
20070711213252.jpg


博物誌的くじらとか
20070715141658.jpg

いい絵がいっぱいあります。
他にも君が代の『さざれ石』も見れますが、ちょっとせつない感じです。

護王神社
http:/http://www.gooujinja.or.jp/

梅香荘

2007-07-12-Thu-21:33
同僚のお見舞いに、久々に東堀川を歩きました。

こんなところに。
以前、千本今出川にあったスケロクを発見しました。
昼のランチは雑誌にのってるほどではなくイマイチなんだけど
晩はゆったりローカルが楽しい洋食屋さん。
それにしても、ひっそりした処に越さはったんやね。
ビシソワーズ飲みたい。
京都市上京区堀川中立売北東角
市バス 堀川中立売バス停スグ
TEL 075-432-3668


旧京都電気鉄道堀川変電所のアパート、梅香荘。
20070711213208.jpg

学生の時、不動産屋に『安いマンション』ってゆったらまっ先に連れていかれたところ。
あまりにも『忘れ去られた』感のあるお部屋で、後ろ髪を引かれつつもお断りした。
銀月アパートのようなシャレた洋館ではないし。

その後、『忘れ去られた』感では引けをとらない一軒家を借りてトモダチとうさぎと暮らしました。

ホウオウの帯留め

2007-07-11-Wed-21:51
ともだちの帯留めコレクションの一部を見せてもらいました。
20070711213238.jpg

まんなかにうつっている、
トリ(裏はピンになっているので、厳密に帯留めではないけれど)を絶賛したら、
プレゼントしてもらってしまった。ありがとう。
フランスの蚤の市だそう。

まゆげっぽいトリに弱い。
こないだ見たロマノフ王朝のマント、双頭の鷲にもヤラレた。
wasi.jpg

こんなん。


夏だ

2007-07-10-Tue-22:02
すごい雨!
夏だ、と思いながら帰りました。

komainu.jpg

首途八幡宮の狛犬の口がシャワー。

夏の豪雨の時こそ、
下駄のありがたさを感じます。
ニ枚歯のやつ。

季節を感じたので、テンプレートも夏季にあわせて変えてみた。
蛾っぽい。

一博 特別純米うすにごり

2007-07-09-Mon-21:13
キモノ代、仕立て代、八掛擦り切れ付け替え代・・・・
ついでに夏は下駄。

生活圧迫されてるなか、お酒もいただきもの。
生酒もらった。

今日晩ごはん、
昨日豊国神社でかった万願寺。
20070709210658.jpg


中澤酒造の『一博 特別純米うすにごり』
20070709210634.jpg

この中澤酒造さんという蔵は、現在酒造りを休業中。
同じ東近江市にある畑酒造さんで、蔵人として修行中なのだそう。
http://www.oumi-jizake.com/shop/kazu.htm

結果、

生好きなんやけど、
冷や冷やの状態では苦手な味でした...。
残念。
飲み続けられない感じ。

しかしこの方向性は畑酒造さん的大治郎?
熟成のぞむ!
さすがに燗では甘酒になってしまうので
常温で少し置いてみようかな。

築85年、日本家屋の夏の夜は虫との闘い。
なんで虫って日本酒めがけてくるんやろ。

常温、というか空気に触れさせしばらく置くと
ふんわり酸味と辛さで呑みやすくなりました。

豊国神社、そして新メニュー

2007-07-08-Sun-23:15
今日は、
友人夫妻の夢見る姉妹、が通う保育園にお邪魔し
朝から高瀬川を眺めながら、灼熱のこども祭りに興じていました。
お神輿かついだり唄ったり、オトナもびいるを呑みつつ屋台を切り盛りし
午後1時にはもうぐったり。

帰りに豊国神社にはじめて立ち寄りました。
大阪出身者のくせにはずかしくも秀吉公の神社が存在する
ということを初めて知りました。
有名な『耳塚』も。
初めて聞いた時(歴史の時間)には、キモチワルイと思ったけど
(今もキモチワルイけど)。
西欧ならいざしらず、日本にもワイルドな時代があったもんだと考えてしまう。

でもやっぱり神社は神社。
霊的な場所にくるとつい深呼吸。
20070708225419.jpg

とりあえずお参り。後で知ったけど出世の神様だそうです。
秀吉なので当然だけど。
今日は8日ということで市も立っていました。

ひょうたんの絵馬づくし。
かわいい。
20070708225431.jpg


市では欲しいものにあえず、
万願寺とうがらしとにんにくを買って、
夕方再開する友人夫妻とこどもチャン×2のために冷たい鶏メニュー。

□丹波地鶏のむね肉を
お湯に
塩ひとつかみ、
酒大さじ一杯
あと剥いたにんにく3カケを
入れてお酢も足して中に火が通るまで煮る。

今日はコドモちゃんも食べるので、最後火をとめる
少し前に唐辛子を入れてすぐにだしたけど
最初から唐辛子を入れておくとより夏酒向きに。
隠し味に胡麻油1滴。
これは先に入れました。
仕上げに入れるとわざとらしく居酒屋風になるので。

汁ごと冷蔵庫で冷やして、
むね肉もしっとり。
韓国で突き出しに出てくる冷たいスープの味。

葛城一言主神社

2007-07-08-Sun-19:42
先日行っ御所(ごせ)市は奈良県なんだけど
河内長野あたりから車で40分くらい。

歴史ある葛城古道の観光案内がちらほらありますが、
人少なく、トトロの世界。
一気に大和の時代。

雄略天皇の狩場に現れた神様だそうで、一言だけ、どのような願いでも
叶えてくれる『いちごんさん』という神だそうです。
全国各地の一言主大神を祭神とする神社の総本社。

hitokoto1.jpg


乳銀杏とよばれる見応えのあるいちようの木。
20070708194120.jpg

コブコブなのがおっぱいっぽいのでしょうか。
元気な赤ちゃんが授かり、母乳がしっかり出るそうです。

私は粉ミルクで育ったのだそうです。
ゆえにアレルギーいっぱいですぐに風邪をひく。
やたらと新陳代謝がよく健康優良児な友人は
『3歳までおっぱい吸っていた。』
とゆってた。
やっぱりお乳は大事だね、といまさら悔やんだりしてます。

榮川山廃純米

2007-07-07-Sat-20:53
昼前から突然の食あたり。
杖が必要なくらいヘナヘナしながら仕事していた。

YMOにも行けず、帰宅後もぐったり。

今日は晩ごはんもおうどんのみ。
酒禁止なので、
おちょこに1杯だけ。

湿度過剰にバテてしまった夜は、山廃のまろまろした感じに癒されます。
http://www.eisen.jp/top.html
祇園祭り前のしんどさ、あと1週間も続くん。いやー。
20070707205225.jpg

うずら縮緬の帯揚、うっとりな日

2007-07-05-Thu-22:47
最近、
絞りの帯揚げにハマっています。

揚は、品の良い絞り。〆はゆるぎ(白か薄グレーか朱)。という
まるでキモノ通気取りな趣向になってきました。

以前は、フォーマルでもシックなもの、
また派手だったり珍な感じのするシャレもの
20070705220720.jpg

こんな感じに。

昨日仕事で堺町三条上ガル、の〆・揚の小物メーカーさん
渡敬株式会社へ行った際一目惚れしてしまった、うずら縮緬の帯揚げ。
個人的に購入させていただきました。
http://www.wata-kei.co.jp/outline.htm
20070705220814.jpg


他にもブルー&ピンクの可愛い絞り!これも好き、といって
購入しました。単衣の季節に。
もういいお年、なのでこんなラブリーなものしてていいのか分からないけど・・・。
あえ反時代的なものに惹かれます。
20070705220848.jpg


以前はゑり萬の飛び絞りを見ても、『舞妓ちゃん』やん、って思っていたのに。
http://foohome.com/kimono/eriman.html
絶妙な絞りの数や色、そして12000円という超お手軽さ。
和スタンダード恐るべし。
今度一枚買おうかな。。

組紐に関しては、なかなか職人がおらず需要と賃金のバランスが
非常に難しく伊賀で組んでもらうのにも時間がかかっているのが現状だそうです。
帯〆(帯締め)はいわば帯の最後の仕上げ、一番上にくるシメ。
私が好きなのはゑり善さんで購入することが出来る、撚り房の観世。
スタンダードないいもんが品質たもってずっと続いて欲しい。

祇園の姉妹リメイク

2007-07-04-Wed-22:27
溝口健二監督の女性観がどうしても苦手なので、
名作といわれる『祇園の姉妹』のほんにゃら昭和バージョン、
野村浩将監督リメイク編を観てみました。

やっぱり戦後昭和映画にはルームペット!犬大事。
20070704220240.jpg

舞妓ちゃんの中村玉緒。この人が出てくるとすべてのリアリティが3割引になる。

こちらはある意味いちばん苦労人な芸妓、小野道子。長谷川一夫の娘らしいです。
ダッコチャンみたい。昭和エキゾチック??
20070704220221.jpg


若い呉服問屋が勝 新太郎。
かなり激情型のサイテ-な行動をといったりしますが、
昔の問屋の社屋が面白いです。

戦前、戦後では日常着としての『着物』の雰囲気ががらりと変わるところがおもしろい。
20070704220055.jpg

極端に言えば、いったん焼夷弾に焼けて、米やおいもに変わってからの一からの再出発の後の姿。
イマイチ和にしっくりこないモダーンな雰囲気がリアル。

舞妓ちゃんは日本髪だけど、芸妓さんのおねえさんのパーマ頭がこれまたレイト'50s。
gion1.jpg

ボンタンと兵六

2007-07-03-Tue-22:19
名古屋から、難波まで。
先日ひさしぶりに近鉄に乗って、
突然こども時代のお菓子『ボンタン飴』を買いました。

酒はこれしかなかった。
ジャケットかわいい。
20070703220313.jpg


やる気のないお土産。カスタードクリームイン。まずそう。
20070703220335.jpg

素直にういろうを買いました。

ボンタン飴の横にかならず売ってるおッさんのジャケの
飴が置いてなくって、突然気になって調べました。
昔はボンタン飴の必ず隣にあったのに。

しろくまアイスも作ってるセイカ食品株式会社HPで再会。
http://www.seikafoods.jp/index.htm

ボンタン飴の姉妹品、兵六餅。『飴』じゃなかったんや。
IL_hyoroku.jpg

昭和6年の製造・販売以来今年で73年、創業社長が郷土文学「大石兵六夢物語」に因んで創作し、ボンタンアメの姉妹品として地元鹿児島で長年愛されてきたオリジナリティーあふれる郷土菓子、とのこと。

ギフトセットのでかいバージョンでは、蟹らしきものに絶対挟まれてんねんけど
「大石兵六夢物語」ってどんな話なんやろか。
IL_bon.jpg


時同じくしていただきものの安部川餅。
兵六っぽくて可愛いです。
abe.jpg

いづみ橋

2007-07-02-Mon-22:09
今日の晩酌。
近所、寺町商店街の側にあるYAOYAで呑んだいづみ橋

小田急線の海老名にある倉です。
神奈川って相模川を境に土地が変身する。

izumi.jpg

特別純米。
冷は辛口なので、常温が良いです。
飲み過ぎたら、ぬる燗にしてほっこり出来ました。

マボロシ

2007-07-01-Sun-21:19
友人宅で出会ったお酒。
20070702203607.jpg

http://www.sake-kura.com/jizake/nakao.htm
なかなか高価な子。
蔵伝承のリンゴ酵母がほんとにフルーティで百楽門特別純米の後に呑んだ
のでよけい甘くてほっこりしました。
分かりやすい味にしてあるけど、そのぶん余計に奥深さを感じます。
吟醸香くさくないし。
広島はレベル高いなぁ。

幻 白 吟醸酒 中尾醸造
清酒 吟醸酒
原料米 広島県産 八反錦
精米歩合 麹米:58% 掛米:58%
日本酒度 +5
酸度 1.3
アルコール分 16度以上17度未満
原材料 米・米麹・醸造アルコール

葛城酒造

2007-07-01-Sun-20:19
葛城山の麓まで、河内長野市から越境ドライヴ。
お酒を買いに行きました。

小学校の社会の時間にしつこく教わった、千早赤坂村通過。
くねくね田舎みち、
山の田舎はいい。
hitokoto0.jpg

水田。生駒山育ちなので、見覚えのある植物に多数遭遇しました。
蟻もでかいし、トトロっぽい!
地面から沸き水がじゃぼじゃぼ流出。
葛城酒造のお酒も葛城山と金剛山の地下水で作られています。

ぜんぜん観光っぽくない、観光案内。
20070702205206.jpg

民家の間にとつぜんアーケードがあって天下茶屋?みたいな古い商店街的遺物を
思いきってくぐると、葛城酒造発見しました。
20070702203432.jpg

母がさっさと入っていったけど、日曜なので知らんかったら入れないくらいひっそりしたはります。
創業は明治。この建物はもともと油屋さんだったそう。

20070702203405.jpg

ひんやりする土間。
なかからおばあちゃんが出て来てくれました。

いつもいつも純米大吟醸ばかりなので、今日は純米と特別純米を買いました。

特別純米はどっしり辛口。
私の好みはぬる燗。
冷はワイルドすぎてたくさん飲めません。

純米呑むのが楽しみ。
HOME