FC2ブログ

L'ampleur

Kyoto-Karasuma kimono diary

つづら!

2007-06-26-Tue-21:23
出張先で見かけてから、欲しくてたまらない『つづら』。
20070626211106.jpg

甘酒横町にある、岩井つづら店。
都内では2軒のみが残っているそう。

20070626211127.jpg

店中を覗くともっと欲しくなる・・・。

文庫もあるし、小物用つづらもある。
衣裳用は、小・34650円、中・38850円、大・42000円。
買えなくない値段。

つらいっ。でも欲しい。

しかも家紋と名前が1300円でいれてもらえる。
すると、より可愛くて絶対欲しくなる。
index_ex11.jpg


岩井つづら店について
http://www.tokyochuo.net/issue/traditional/2004/06/index.html
スポンサーサイト



お針

2007-06-25-Mon-22:32
今日は、天神さん。
上七軒がどんどん飲食以外の町並みに変わってゆく複雑な気持ち。
スナックではなく御茶屋でなく、町家になってゆくんやなぁ。

Image04382.jpg


良い天気で、今日は鳥セルロイドの小物入れ買いました。
toriroyd.jpg



中には昔の針がいっぱい。
Image0442.jpg

お針が出来たらいいな、といつも思うけど、
頼んでいる仕立て屋さんのお話をきくと
とても自分で自分の反物に手をつける勇気は出ない。

最近、繰り越しと縫い込みの違いについて質問したところ、
そこから広がっておくみの取り方の違い、生地質の話、
湿度によっても寸法が狂うなどいろんな話を聞きました。

一分二分の違いで、どれだけ快適に着れるか。
腕の良い仕立て屋さんゆえの技術と気遣いなんやなぁ
って、ほほーんと納得した。

和装業界に携わって商品作って売る日々、
悉皆、皆ことごとく、に少しでも近付いて仕事出来る日はいつなんやろう。

まほろば酒

2007-06-24-Sun-19:51
雨がすごい。
仕事もなし。

呑むしかない今日は、
休日らしく、デパ地下三嶋亭のイートインでお昼した後、
お酒売り場へ。
missy.jpg


今日は山形デーでさくらんぼにお酒に試食、試飲が繰り広げられていました。
mahoroba24.jpg

米鶴酒造のコーナー。

売り子さんのおねえさんがまずオススメしてくれたのが、
米鶴 吟醸34号。
・・・でもなんか違う。
私には吟醸香くさくて、違った。

次に純米吟醸。
フルーティでデザート風味。
でももっといっぱい呑みたいの、
という酒のみにはきっと、
純米を。
試飲続く。

mahorobanusumi.jpg

その後、盗み吟醸というのも試飲させてもらって
吟醸の良い部分と酒らしいどっしり感の共存した美味しい酒
やったけど、値段と格闘。給料日前ですので。

結局、まほろば純米を持って帰り
燗にしてみたら、これまたまろまろで美味しかったデス。
冷や冷やでも美味しいけど、でもちょっと甘いかな。

きもの撮影会

2007-06-24-Sun-03:15
変柄着物撮影会。

今日は自作アクセサリ-LEARYを置いてもらっている
京都のお店EVEを営む友人のリクエストで、我が家の着物コレクション撮影。
20070624182615.jpg

白鳥柄の綸子の振袖、
日食柄のレインボー配色の織りの絵羽、
本気の虫柄紬、
などなど
アウトサイダー達の初お目見え。
撮影結果は、
http://star.ap.teacup.com/evekyoto/

20070624182532.jpg


変柄は別にアンティークでなくとも
和装業界の片隅でイマも繁殖中です。

草履って、小物は大物

2007-06-20-Wed-17:01
仕事で、大阪は浪速区、日本橋あたり目指して久々の脱キョウト。

社長、上司をスムーズに案内して地下鉄出口も間違えず、
新世界って近いの?等の質問に次々答え
『私って、なんて大阪人!』とひさびさに郷土愛芽生えた一日でした。

訪問先では海鷂魚の皮に出会ってびっくり。
472301245_244s.jpg

この子はこれからスペシャルなお草履になるそうです。

商談の後、個人用に酒袋の草履買いました。

ムラムラ柿渋が汚れのようにしか見えんねんけど
思わず匂いかぎたくなる風貌にホレました!
酒の匂いするわけないのよねー。
472301245_99s.jpg

宇野亜喜良な浴衣について

2007-06-18-Mon-18:43
AQUIRAX浴衣を発見してすぐに買ってしまいました。
yukata.jpg


でも、ほんとに欲しいのはAQUIRAX襦袢!
7~8万(仕立て抜き)くらいで発売してくれないかなぁ。

酔鯨

2007-06-14-Thu-18:08
suigei.jpg

いかにもオットコマエな名前の土佐の酒『酔鯨』は近所のスーパーでよく買う。

生酒の後からくる香りの個性も好きですが、この特別純米のあっさり、
けど後を引く酸味が大好きで今日もまた買ってしまった。
常温でうだうだ飲む、暑すぎて湿度に溺れそうな日は冷や冷やにして呑む。
suigei imformation http://www.suigei.jp/

酔鯨  特別純米
使用米:高知アキツホ
精米:55%
日本酒度:+6.0
酸度:1.6
アルコール度数:15度

冬ソナコンプリート!

2007-06-12-Tue-17:43
いまさら。

夢中になっていた冬のソナタ(キョウルヨンガ)、
やっと最後まで観て心休まる時が来た。

1999年頃、韓国留学していてそれ以来全く韓国語に触れて
なかったけど、目をつぶって聞いててもきちんと分かる簡単日常恋愛会話。
お勉強になりました。もいちどハングル勉強しようかな。

最後の最後でブチきれる、サンヒョクにイライラしながらも、
恋愛を理由に職場放棄とやけ酒に明け暮れる日々の後、
ついに失明してへろへろのチュンサン、抱擁、
しんみりした終わり方でやるせなくなりました。

sonata.jpg

ありえへんこといっぱいあったけど
この『けろっぴ』な小道具にはまいりました。
これ、かなり深刻なシーンのはず。

華鳩

2007-06-05-Tue-17:35
hanahato.jpg

広島出身の同僚から、素敵なお酒をいただきました。

まず名前がめちゃかわいい。『華鳩』。ろーま字で『hanahato』。

蔵元は明治32年創業の榎酒造で貴腐ワインの日本酒版、
みたいな貴醸酒(古酒)を最初に世に出したメーカー。
地元では普通に売ってるけど・・という隠れた銘酒のようです。
ミネラルな苦味が後味良く、コントレックスとかのミネラルウォーターのような
味わいがあるな、と思って調べたら使われている水はやはり中硬水だそうです。

無駄な味がなくて、長くだらだら呑むのにぴったり。

というかほんとに飲み出すととまらない感じ。
ホームページも手作り感いっぱいで愛らしいです。
是非一升瓶で常備したい酒。
hanahato imformation http://www5b.biglobe.ne.jp/...

華鳩 純米
酒造好適米[雄町]
精米:55%
酵母:広島吟醸酵母
もろみ日数:30日
粕歩合:40%
日本酒度:+3
酸度:1.3
アルコール度数:15度

いまのところ日本酒マイベストの首位にいるハナハトちゃん、
ミクシィでコミュ発見しました。

相国寺 若冲展 最終日

2007-06-03-Sun-17:46
0603.jpg

連日大盛況なウワサは聞いていたけど、朝9寺50分(オープン10分前)からして長蛇の列・・・。自宅からたった3分の場所なのにもっと早く来ればよかった。待ち時間80分!チケット売り場まで約30分→チケット売り場から承天閣美術館入り口まで50分、さらに第一展示場を鑑賞した後、第ニ展示場まで10分ほど待ったり、実際鑑賞してた時間は30分くらいなのに・・。圧迫感のあるビニールテントで作られた順路にひたすら一時間近く並ぶのは辛かった・・。側にいた団塊世代夫婦が『お腹すいた~』てだだこねてたんがラブリーでした。昨日来て2時間まったけど入れへんくて本日再挑戦のじいちゃんとか、待ってる間ずっとメールし続けるおばあちゃんなどお年寄りも気張って並んでた。(ばあちゃんメールは、『待つの大変だけど、これも旅の楽しみでしす』みたいな内容でこれまたラブリーでした。覗くつもりはなかったけど、字がデカくて打つのもとってもスローだったので見てしまった。)
06033.jpg

今日の目的、第一展示室の鹿苑寺大書院障壁画!日本画でここまで房たっぷりの葡萄をモチーフにしているのは珍しいのかも。蔦紋様は全世界ポピュラーやと思うけど、ぶどうといえばやっぱりキリスト教なイメージ。それからキメラのような亀図がカッコイイ。
出会った友人と若冲の描く生物は皆ウオ(魚)っぽいね、と鑑賞しながら話してました。鳥でもなんでもどことなく魚類っぽい。実際魚を描いてるのはきっと錦で売ってるのを見て描かはったのでしょう。若冲柄のお襦袢が欲しくなってきた。(貝とか鶏とかけっこう作られてる。)
外のミュージアムショップでは俵屋が出張でなんと『若冲煎餅』なるものが売られていてた。店のおっちゃんに相当すすめていただきましたが、落款入りの菓子の見た目があんまり食指を動かしてくれなかったので図録買って帰った。2500円なんだけど結構この図録がゴージャスで満足。
06334.jpg

HOME