FC2ブログ

L'ampleur

Kyoto-Karasuma kimono diary

男物

2007-02-28-Wed-22:12
男物でキモノを仕立てたいな、と思って格子のお召しを買いました。正確には男物ではなく『どっちでもいける』タイプで私が買ったのは一尺の巾だったので男性用にはもっと広巾もあるんだと思う。グレーは初めて買う色です。
20070228215300.jpg

光沢があって上品な雰囲気です。墨色の八掛を付けて、袷の時期の毎日着にしようと思います。持っているキモノは黒と紫が多いですが、今まで買ったなかで一番地味かも・・。地味ゆえに迷った買い物でしたが地味過ぎて逆にいいのでは?と思って決めました。


バティックの帯とかを合わせても素敵。
20070228215322.jpg


もう春が近付いているので、単衣用には上代お召し(撚糸と紬糸を織り込んだもの)を買いました。今仕立てに出しています。上代お召しは初めてなので着心地が楽しみです。
スポンサーサイト



コレ買いました。

2007-02-27-Tue-21:56
美しいキモノの春号付録が『きもので訪ねる 春の京都』という小冊子で、なんだか眺めているだけでステキな気分。

ワークルーム編集の『キョウト自転車生活』という本で以前、私のモト職場が取材を受けました。それでなんだか見覚えのある表紙?と思って手に取ると、色違いでキモノ本でした。
京都きもの生活 京都きもの生活
佐藤 文絵、ワークルーム 他 (2006/12)
光村推古書院
この商品の詳細を見る

きもの系キョウト本は数あるけれど、かなり実用的なガイド。ページ数の都合か、意外な店が載っていなかったり、その分紙屋さんや悉皆屋さんなど知らないヒトは知らない・けどキモノには不可欠なお店が載っているもの魅力。また友禅や西陣織の現場、室町問屋の取材などが巻頭を占めます。こんなとこに店あったっけ??と行かなきゃ感を誘ってくれるので出無精の私にはいい本だな、と思って買いました。西陣で一番好きなのは日の出やさんです。

晩御飯は久しぶりに、『ごはんやアドリブ』で。
いつ行っても文句なしの正しい家庭料理。酢の物の酢が旨かった。これで750円ってゆうのが素敵。昔はここ『縄文』てゆうロック喫茶やってん、と道挟んで向かいの小学校に通っていた友達が言ってた。

豊田愛山堂

2007-02-27-Tue-19:47
匂い袋の話をしてたら、友人が愛用の虫よけ香をくれました。祇園にある、豊田愛山堂20070227214601.jpg

見た目は一番好き。蟲ってゆう字と紫ジャケがアンティークっぽくて可愛い。匂いはスタンダードな感じですが少し梅っぽい香りがします。丁字かな?たんすのニオイ!って感じではなく少し控えめ。

キモノびんぼう

2007-02-26-Mon-21:57
給料日です。給料日だけに景気よくお昼は洋食外食しちゃいます。
天気いいな~。どこかに逃げたい。旅行いきたい。

会社のお友達に松栄堂行ったよ、って話したらやはり彼女も私と同意見で匂い袋が人工くさい、とのこと。彼女が使ってるのは豊田愛山堂のものだそうです。明日、会社に持って来てくれるそうなので楽しみ。
musiyoke.jpg

薫玉堂の虫よけがあと1個残っていたのを発見。着尺の残布で包袋をつくりました。


0226.jpg

少ない給料からさらにキモノ代、仕立代、帯代、そして仕立代・・・・。一般のヒトよりもかなり安く買っているとはいえ、買いすぎ。お金遣い過ぎです。一日でまた貧乏になった。

こちらは遅れてやってきたお誕生日プレゼント。裕木奈江顔のなまめかしい兎×2。ありがとー。
usausa.jpg

梅花祭

2007-02-25-Sun-20:46
今日はひっさしぶりに洋服です。天神さんに行く予定だったのですが、一緒に行く人が自転車だったため、着物での梅参り出来ず。残念です。紫の無地の結城に源氏香の襦袢、京唐紙の文様紋様の帯で梅の帯留めって決めてたのですが・・。

上七軒通りから天神さん東門に向かって歩いていくと、街並がけっこう変わっているのに気付きました。なんか新しいお寿司屋さんとか、スナックだった処が漬物屋さんになっていたり。大学時代すぐ近くのアパート借りて、バイトも上七軒だったのですがかなり久しぶりなのでびっくりしました。北野をどりのポスターを見ても知らない舞妓さんばかり。

私の大好きなお召し屋さん、秦流舎さんのお店弓月へお邪魔しました。店内は奥様をはじめ着物姿のキレイな女性がいっぱいで華やかな雰囲気。2Fでは女性作家2名によるシルバーアクセサリーの展示がありました。お召着尺で作った名刺入れや木綿の風呂敷、シルバーの帯留めなどとにかくリーズナブルで楽しいお店です。バッグも金具がすごく凝っていてありがちではない感じ。

境内をうろうろしていた時にふと目に飛び込んで来た名古屋帯。状態、長さ、締め心地も良さそうなので交渉の末4000円で入手。さらに以前買おうかな?と迷ったニワトリ帯揚のキズ品(全く目立たないところの色がないている)が1000円も発見。
2.25.jpg 2.25.age.jpg


懐かしがてら『へんくつうどん』に行こうかなと思ったけど、人が混み混みなので何も考えず南下。『釜めしかあさん』に入った。ラーメンかうどんか釜めし、という三択だったので友人共々迷わず鯛釜飯。
20070225204034.jpg

お吸い物が梅の麩にうずらが二つ。ふた開けたとたんにほっこりしました。

うさぎの大島

2007-02-24-Sat-20:59
去年買って、やっとこさ仕立てに出して出来上がってきた大島を初めて着て出かけました。大好きな永長織物さんの9マルキ泥大島ですが、黒っぽいというよりはゴールド。ウコン染めまではいかない渋い色。一目惚れして大枚はたいてやっと手に入れたのですが、着心地の良さにびっくり!とにかく軽くて一日中着ていても疲れない、というか脱ぎたくないという気分です。以前は割込み絣の藍の大島をちょくちょく着ていましたが、お下がりのため八掛と裾が破れ、袖先が擦れてしまい解いてしまっていました。
さらにこの大島の柄が兎とアヒル?みたいな鳥に小鹿でとってもラブリー。

oosima.jpgoosima3.jpg


今日は急に気温が下がり、雨のちらつくお天気でこんな寒い日に大島をおろすのもなぁ・・と思いながら着心地の良さにそのまま買い物に出発。目的はアンティークの帯留めに使えるような二分紐。寺町六角にある伊藤組紐店に。町中にあるので便利。帯〆オーダーもあるし半巾帯や変り結びに使う飾り紐も色見がたくさんあって楽しいお店です。

kumihimo.jpg

今回はラベンダーと納戸色二分紐。さらに朱の縁取りの縞の四分紐を買いました。3つで5000円くらいだったと思う。

晩は北大路、京都植物園前にある白雲へ。いっつも近所の鳳舞にばかり行ってるので、気分を変えてちょっと足を伸ばしました。

hakuun.jpg

のれんが古臭くてすごーく可愛いい。店内も良い感じ。揚巻き・酢豚・海老の天ぷら・シュウマイ・焼飯を注文。美味しかった。京都ではやっぱり大丸近くの大三元、第一楼が別格だったそうですが今はどっちも閉店だそう。ビアガーデンの季節は雰囲気が最高な、ヴォーリズ設計の東華菜館が好きです。

箪笥のかおり

2007-02-22-Thu-21:27
虫よけ香がなくなって来たので、松栄堂へ。
ずっと薫玉堂の虫よけ香を使っていたけど、よそも気になる。

松栄堂の虫よけはおおまかに3タイプあって、
極品・・・いわゆる虫よけ香、王道のカホリ。
上品・・・極品までいかないけどシャープな香り。
みやこ・・・女性の白粉みたいな匂い。またはおかあさんの口紅みたいなニオイ。

帯や袂にちょこっとしのばせる匂袋には、取りあえず『みやこ』を選びました。
箪笥に入れるものは、この3タイプ以外の『うつ蝉香』というのにしました。香りは感覚のものやけど、考え過ぎるとなんだかわからんくなってくる。ヘアトニックっぽくもある。。けど極品も上品もみやこにも決められず消去法で。
koh.jpg

で、実際箪笥に入れる時は洋風のポプリ(薔薇や百合など。もちろん着物や帯とは遠く離して置いています)と併用。二つの香りを置くことで中でブレンドされて香水のようなお香のような感じになります。薫玉堂の虫よけ香が切れた後にしばらくローズのポプリで代用していたら意外とこのブレンドのほのかな香りが職場で出会うお着付けの先生などに好評でした。

香水はレミニッセンスのパチュリ。
remi.jpg


大学の時に仙台旅行中出会った香水で、いまや廃版となったローズ(右)を買ったのがきっかけでどっぷりハマってしまい、現在も通販でパチュリを買ってます。当時は仙台のSUKIYAという化粧品屋さん(アーケードのなかにあった)で扱っていて友人からも買って来て!って頼まれた記憶がある。ネット通販時代なので日本未発売でも今は全く問題なく買えマス。ありがたい。

嗤う伊右衛門

2007-02-20-Tue-21:53
片方ヘンな顔でも美しい、小雪が素敵です。着物もいいものを着ています。角川映画らしくテンポよく観れる内容。ただし話が決して穏やかなものではないので、セックス&バイオレンス嫌いにはつらいです。高校生のとき読んだ京極夏彦さんの原作が活字ながらマンガのような描写で面白かったので、実際映像になるとこんな大変な話やったんか!とちょっとしんどくなりました。オイディプス王並の悲劇です。

嗤う伊右衛門 嗤う伊右衛門
唐沢寿明 (2004/07/23)
角川エンタテインメント
この商品の詳細を見る

超京都系

2007-02-20-Tue-21:15
これぞ京都系!という岩下志麻の主演映画『古都』。室町の問屋の嬢さんと北山丸太に携わる娘さんとの
1人二役。サスペンス・テイストもあり、なぜか暗い音楽がヘンテコな印象を与えます。冒頭からいきなり『赤ん坊をさらって逃げた』などの爆弾発言。平安神宮の庭でデートしていたかと思えば突然お嬢の志麻が『清水に行きたい』と言い出し京都名所をハシゴしたり、ほのかな恋の相手は西陣の機場さんと。父親は北野天満宮の帰りに上七軒のお茶屋『中里』に立ち寄っちゃうなどコテコテの観光尽し。さらに特典映像には撮影場所ともなった西陣のメーカー『渡文』や千本にある老舗すっぽんの大市や、さらには烏丸の京商さんまでもがインタビューに答えるという徹底ぶり。いずれも観光関係には露出の多い企業ですが、あえてDVDの特典映像になると考えるとレアな感じです。一回見て下さい。
でも賞賛すべきは、撮影陣の一貫した映像オタクっぷりだと思います。
古都 古都
岩下志麻 (2004/12/23)
松竹
この商品の詳細を見る

竺仙

2007-02-15-Thu-11:44
2時間だけフリータイム。人形町周辺ではなにもすることが無いので、竺仙にお邪魔してみました。出張先の近くに浴衣メーカーの戸田屋商店があるので、ちょくちょく覗いては手拭いのコレクションを増やしていましたが、竺仙のものは持ってない。

なんか分りにくい場所ってきいたのですが、以前会社の人に連れてって貰った小料理屋のすぐ近くだったのですぐに発見。
駐車場とガソリンスタンドに挟まれ、こちょんとした佇まい。
tikusen.jpg


二階に上がらせてもらい、サンプル帳をみながら説明をききました。質感がもっちりしてて、聞くと糸が太いのが特徴だそうです。使い込むほど風合いもよくなりますよ、とのこと。だいたい800~1200円程度のものでしたが、江戸!!って感じの柄と配色で迫力いっぱいで少し気後れしてしまった。
他にも能衣裳をもとにした風呂敷が素敵で一枚購入。2600円。

tikusenkappa.jpg

購入したかっぱ尽しの手拭い。

老松がきた!

2007-02-11-Sun-22:28
運命的な出会い!松柄のかなり面白い図案の大島です。紫がかったグレーが入っていてすごくキレイ、かっこいい!!!!!
matsu.jpg


・・・しかし今回はココロを鬼にして諦めました。でもしつこく写メールとったりして相当未練たらったらです。オーラが出てるものはやっぱり違う。以前は大島ってそんなに好きじゃなかったけど、いつの間にかどっぷりです。不思議な力があります。やはり着物は魔物!

これが拍車をかけて老松柄ブーム。辛気くさいという人もいるけどぽっこりした柄が可愛い。生紬の絵羽もおとなしい感じですが松のデザインに一目惚れ。

jkinosita.jpg


2007-02-10-Sat-22:02
昨日は大丸行って楽しかった。しかし今日から二週間お休み無しなので、ト-キョ-めぐりはお終い。後は働くのみ。今回の出張は季節アイテムとして梅の帯留めを持ってきました。

今日のコーディネート
2.10.jpg

粋なような野暮なような帯ですが、抽象化された松竹梅です。着物は紫とピンクの角通し小紋。よくお召し?って聞かれるけど、確かにやわらかものには見えません。
仕事で着過ぎてハンガーに吊りっぱなしにしていたら八掛がかなり見えてきててショックです。重ね着状態。流行りものとは知りつつ、トランプの帯揚げ買ってしまった。これは飛び柄ではなく半分が献上のトランプ柄になっているので柄出しがしやすく、赤が入ってるので地味になりすぎず重宝してます。

ト-キョ-駅の大丸にて

2007-02-08-Thu-20:49
上京しました。朝6時の新幹線で京都発。グリーン車は心なし空気も澄んでて快適。眠すぎて寝れないので車内誌で酒造りとワダエミさんの記事を読みました。この間、映画『乱』のワダエミさんのデザインの着物をまねた能衣裳のような紬を買ったばっかり。けどかなり派手な柄なので仕立て方を仕立て屋さんと考え中。
八重洲口に向かう途中、『全国リサイクル&昔きものファッションバザール』の文字をキャッチ。

daimaru.jpg

そして10時間後。やっと仕事を一段落させてやって来ました。
見渡す限り着物ごっさりでテンション上がる!エレベーターを降りたところに飾ってあった大島が片献上の更紗柄だったのですが素敵でした。
まずは、京都やけど京都では一度ものぞいたことの無い、時代裂 梵
店員さんの女の子が染め小紋で作ったエプロンを洋服に合わせていたのが可愛かった。着物で催事はしんどすぎるから、だそうです。確かに異常なほど暖房が効いてて、服でもつらい。まして袷で仕事しろって言われたら大変やと思います。縮緬細工の帯留めや髪飾りが3000円代で素敵でした。でも着物・帯はいいものがありませんでした。
続いて門前仲町にあるという小紅屋さん。3~5万円というお手ごろ価格で比較的良い帯がありました。洒落袋も充実。着物も結城・大島など10~20万円程でかっこいいのがいっぱい。アンティーク、ではなくリサイクルとしてとにかく着物を揃えたいという人にはお勧めしたい感じです。でも店員さんの商品の扱い方とかお話の仕方がイマイチかな?とは思いました。
そしてLUNCOさんへ。結城のいい九寸がありました。染めの更紗紋様の帯も素敵でしたが状態が悪くて、配色もあまり好きではなかったので断念。マネキンさんは大人しい感じの方でしたが、店主の女性が帯留を見ているときに応対していただき、とても感じの良い方でした。
さんざん迷った挙げ句、龍柄の蜻蛉玉の帯留めを買いました。
obidome2.jpg


ついでにいい帯〆を発見。機械組みですが、ゆるぎの帯〆も見つけました。明るい朱を探していたので未使用品2600円ととってもお買得。ほかにも観世組みの上品なものなど結構きれいで良いものがありました。共色のコーディネートの効かし色にぴったりです。
2.09.jpg

カッポレ

2007-02-07-Wed-22:59
明日は4時に起きんならん、のでイマからすごい憂鬱。でもグリーン車ちょっと嬉しい。始発のグリーン車って貸しきり状態なんかな。

眠いけど新藤監督の『縮図』観ました。タカラジェンヌ系では特別な乙羽信子。イタリアンリアリズムみたいな(自転車泥棒とかみたいな)芸者映画で面白かった。延々唄いまくる信子の顔面アップに思考停止。日本髪はいいナ。
k1.jpg


k0.jpg

溝口健二は最初に観た映画が『赤線地帯』やったせいで、あんたに女子社会は分からん、って思ったけど新藤兼人はいい。素で。

k2.jpg

おやすみなさい

2007-02-06-Tue-22:49
明後日から出張です。久しぶりの東京。キモノとか持っていくもんを整理してたら、箪笥のなかに可愛い帯〆が眠っているのを発見。ひと目惚れで買ったけど一回も使ってない帯〆・帯揚がいっぱいあって、眺めてるだけでも楽しいけど、って着付けの先生(江戸っ子)に話したら「みんなそんなもんヨ。小物なんて100本あっても200本あっても別に困らないじゃな-い」って言われた。帯〆は収納する時結んではいけないそうです。知らんかった!帯〆も帯揚も収納方法は4つか2つに折っておいとくんやでってことです。
20070206222958.jpg

月の満ち欠けデザインの帯〆。黒×金でめっちゃかわいい。たぶん渡敬、だったかな?

しばらく会えないと思って3時間くらい遊んだ。
2007.2.06.jpg


関東エリアでは蕎麦屋メニューに、にしんが無い。『たぬき』もあんかけじゃないので冬は辛い。食べおさめ。
soba.jpg

ピカソ帯

2007-02-05-Mon-22:08
買ってしまった、、今年の抱負はズバリ『買わない』やったのに。友達に岡本太郎みたいでいいやんって言われてちょっと嬉しい。うちの大好きな紫の結城に合わせる。
saezuri.jpg


会社の書庫で本漁ってたら、ゑり善所蔵半襟下絵集みたいなごっつい本があってラブリーなのがいっぱい載ってました。
eri.jpg


家帰ってテレビ付けたら細野さんがキリンビールで笑ってた。かっこいいっっ。あーかっこいいなぁー。そういえばライブにキモノ着ていったん去年西部講堂の東京シャイネスがお初だった。

羽根イヤリング

2007-02-04-Sun-21:53
パールは30年前くらいのデッドストックで経年によるものなのかもとからの味なのか少しミルクがかった乙女色です。でも羽根部分が取れてしまって修理中でした。いろんな接着剤(ガラス用、プラスチック用、アロンアルファ、ホットボンドなどなど)試して今日ようやく付いた。オシャレ-な人に持って帰って欲しい。

ii2.jpg



今日はこの間つくった帯留を初めてコーディネートしてアクセサリーの納品に行きました。帯を引き立たせてくれないと全く意味ないから、手作り感ありすぎで心配やったけどナントカ。
0826.jpg

まめまき

2007-02-03-Sat-22:52
近所の御霊神社でまめまきに行きました。以前わが家では鬼は男とイヌで女子が豆まきするのがおきまりでしたが、実家を離れるとなかなかマメをばら撒いたり出来ないので神社のイベントに便乗です。着物で行きたかったけど仕事終わったのが八時。着替える間もなく和太鼓の音にさそわれ焚火にあたって甘酒飲んで豆まきを眺めていました。

07203.jpg072032.jpg

ラブリー!うさぎ

2007-02-02-Fri-23:14
木綿のこどもキモノに、ありがちながら突き出た可愛さ。ハンカチか、プリントして風呂敷にしたい。
usa-0121.jpg

HOME