FC2ブログ

L'ampleur

Kyoto-Karasuma kimono diary

いーかめら

2008-06-07-Sat-22:02
気が付いたら月イチで救急車、
そんなんで普通に暮らしていたのもはなはだしく非常識、今思えば。

でも救急って、今すぐ命に別状の無い人は『またこんど』やから
再来院しない限りどうにもこうにも。

今週やっとこ人生お初の内視鏡の飲み込みに行きました。
『今は小さいから全然痛く無い』『喉元過ぎればコッチのもの』
なかには『きらきらした綺麗なのが近づいて来る、と思ったらそれが胃カメラだったの、あはは』という人まで、カメラ先輩達の前情報を胸にとあるおっきい病院へ!

喉乾いてるので、胃の泡を消す飲み薬が旨い。
筋肉注射は血管に注すのと違ってぜんぜん怖く無い。
せやけど、寝台のうえはまさに阿鼻叫喚之図。こわすぎるよ。激痛やし。
終わって冷静になった後、自分の姿を想像してさらに震えました。悪夢。

先輩達はみなやさしく、
こわがらさんように、と心遣ってくれてたのです。

ふー。

お医者さんより
食道ね、膵臓ね、十二指腸もね、とつぎつぎ病名が。
CTとっといて良かった。
bahuykod2.jpgきょうのごはん。
油だめ、肉も魚もだめ、甘いのもからいのもだめ、とわ。
そして酒は寿命がちぢむ髑髏マーク、とわ。
ありえないー。
スポンサーサイト



豊国神社、そして新メニュー

2007-07-08-Sun-23:15
今日は、
友人夫妻の夢見る姉妹、が通う保育園にお邪魔し
朝から高瀬川を眺めながら、灼熱のこども祭りに興じていました。
お神輿かついだり唄ったり、オトナもびいるを呑みつつ屋台を切り盛りし
午後1時にはもうぐったり。

帰りに豊国神社にはじめて立ち寄りました。
大阪出身者のくせにはずかしくも秀吉公の神社が存在する
ということを初めて知りました。
有名な『耳塚』も。
初めて聞いた時(歴史の時間)には、キモチワルイと思ったけど
(今もキモチワルイけど)。
西欧ならいざしらず、日本にもワイルドな時代があったもんだと考えてしまう。

でもやっぱり神社は神社。
霊的な場所にくるとつい深呼吸。
20070708225419.jpg

とりあえずお参り。後で知ったけど出世の神様だそうです。
秀吉なので当然だけど。
今日は8日ということで市も立っていました。

ひょうたんの絵馬づくし。
かわいい。
20070708225431.jpg


市では欲しいものにあえず、
万願寺とうがらしとにんにくを買って、
夕方再開する友人夫妻とこどもチャン×2のために冷たい鶏メニュー。

□丹波地鶏のむね肉を
お湯に
塩ひとつかみ、
酒大さじ一杯
あと剥いたにんにく3カケを
入れてお酢も足して中に火が通るまで煮る。

今日はコドモちゃんも食べるので、最後火をとめる
少し前に唐辛子を入れてすぐにだしたけど
最初から唐辛子を入れておくとより夏酒向きに。
隠し味に胡麻油1滴。
これは先に入れました。
仕上げに入れるとわざとらしく居酒屋風になるので。

汁ごと冷蔵庫で冷やして、
むね肉もしっとり。
韓国で突き出しに出てくる冷たいスープの味。

お節

2007-01-01-Mon-21:15
なまこ、カズノコ、明太子、いくら、からすみ、たつくり、まぐろ、くらげ、海老、鰤、八幡巻、蓮根、かまぼこ、里芋、ねじりこんにゃく。色彩がまったく考慮されていない、ただ食べたい酒の肴パレエドの我が家のお節。
oseti.jpg

お雑煮は三賀日が白味噌、4日からおすまし。
だらだらとお酒のんでひたすら雑煮とお節。
HOME