FC2ブログ

L'ampleur

Kyoto-Karasuma kimono diary

お洒落しゃれても

2008-08-23-Sat-20:40
「美しく歳をとる」という言葉が、得体の知れないものに思えた子供の頃、明治生まれの長寿で恋愛話盛りだくさんのおばあさんは、私の頭の中できっと瀬戸内寂聴さん(そんな年齢じゃないのに)などとミックスミックスされていた。
ようやく生きてきた短い時間を振り返ることが出来るようになった今、人生ってゆうのはそのときにならないとなんにも分からないんだなぁ、と思う。

「宇野千代 きもの手帖」のなかに、『お洒落は生きている証し』というのがある。

・・・お洒落は見てくれだけをよくすることから始まって、何か、これまでになかったものを考え出す、原動力になることがある、と思うのです。
・・・「お洒落をしよう」という意欲が、そのまま、生きているということの証拠だからです。

とファッションに無関心でいることを自慢するフェミな人々をばっさり斬ってしまいます。

宇野千代のデザインした着物の写真を見る。おはしょり無しのボディコンシャス、二寸にも満たない細帯。
それはディオール、カルダンの、あの時代ならではのぶっ飛んだ過去の遺物に感じられるかもしれない。
けれど「どうやったら着物をカッコよく着られるか」、江戸、明治、大正、昭和、平成・・・モノの無い時代でも、海外文化に取ってかわられようとする時代も途絶えることなく、着物文化はたくさんの人の手垢を付けられて変化してきたんやなぁ、と感心してしまうのです。
DSC04049.jpg
― 装丁もgood、写真も多く、読後感のある一冊。
二見書房 1300円也


洋服ばっかりの時代になって、ついに着物も洋服感覚で、とデザインされたさまざまな宇野千代の着物たち。あの襦袢のような柄の小紋や、無地感覚の洒落着、昼間に着る浴衣など、今では安価な和装アイテムのメインストリームになっている。
数年前は浴衣がミニスカ化したり、袖からひらひらレースがのぞいたり、新しいもの好きの日本人の感覚に無限に答えられる民族衣装。(流行り廃りはあるものの、なんだかんだ眉を顰められながらも、若者キモノは社会的にいちおう許容範囲だったりする。)

こんな衣装文化があるって、スゴイ。
スポンサーサイト



きもの文化検定を受ける

2008-08-22-Fri-12:28
昨日から超涼しい。

この秋はちょっと暇なので、いろいろお勉強をしてみよう。
苦戦中のフランス語で、ついつい自己嫌悪に陥ってしまうなか、
励みにひとつ自分の得意分野、そう。英語と着物。

とはいえ検定料の馬鹿にならず、この社団法人全日本きもの振興会によるきもの文化検定、飛び級受験出来ない!という時間とお金の無駄システムにもがっくりして、諦めました。

が、昨晩このことについて「受けようと思ったけど辞めるわー」と家で一言つぶやいたところ、
「一体お前には女性として人に言えるような趣味があるのか」(お茶とかお花とかなんにもしてへんやろ!!というイミ)、「受けるだけでも受けたらどうか」という逆コースで・・・やっぱり今秋受験することになった。

5・4級と3級の併願で9000円。問題内容のレベルの低さにちょっと切ないものを感じる。ただ検定ブームの趣味趣味試験とはいえ、このレベルというイミで英検3級などと比較してみると確かに妥当な線を突いているのかもしれないと思う。(3級ってゆうと要するに中学生レベルということやし。)
受験するのはオトナだけじゃありません。

そう、納得いかないのはやっぱり飛び級受験出来へんってゆうシステムの所為かぁ・・・・

しかしながらあまり余裕をかましてもいられないのです。
発売前に見せて貰った今回の「うつくしいキモノ」秋号掲載の二級模擬試験はなかなかマニアックでフツーに間違えたり。七割以上で合格だそうですが、合否そのもの意味のある試験ではないのだし、百点目指してお勉強しようと思う。

で、これ買った。
きものの たのしみ 改訂版 (きもの文化検定公式教本II) きもの文化検定3級・2級試験公式教本 (きもの文化検定公式教本 2)きものの たのしみ 改訂版 (きもの文化検定公式教本II) きもの文化検定3級・2級試験公式教本 (きもの文化検定公式教本 2)
(2008/06/21)
(社)全日本きもの振興会

商品詳細を見る


ついでに注文してしまったコレは、ダメでした・・・。図書館にでも寄付しよう。
きものの基本一問一答 全日本きもの振興推薦模擬問題集 (タツミムック)きものの基本一問一答 全日本きもの振興推薦模擬問題集 (タツミムック)
(2007/07/17)
不明

商品詳細を見る

江戸服飾史 

2008-08-14-Thu-21:17
まれに外国の方に聞かれることがある。
なんでそんな変なカタチのベルト(帯)なん?と。
(いやいや、これが熱狂ジャポニスムの重要アイテムなんだってば~)

着物マニアとしては、のぞむところだ!、なので話長くなるけど良い・・・・?と17世紀までさかのぼって話してしまうけれど、帯の形ひとつ語るにもキモノの歴史はあまりに長く深く広いなぁと思います。
うかつな質問をしたガイジンさんも可愛そうになるくらい。

たまに美術館に屏風絵を見に行っても、解説に出てくる用語が意味不明だったり、時代劇のコスチューム考証が本当に妥当なものなのか気になったり。ステレオタイプ化されている割に謎だらけな江戸ファッションが知りたい。頭の先からつめの先まで。
江戸服飾史江戸服飾史
(1998/09)
金沢 康隆

商品詳細を見る


金沢 康隆著のズバリ「江戸服飾史」。
じつは1998年ではなく、1962年発行のリイシューなのです。
カラー版の本がけっこうあるけれど、むしろ当時の流行、政治の流れと抱き合わせて考証する本書のほうが、すんなり「腑に落ちて」面白かったりする。

「抜き衣紋」の発祥は江戸初期の女子ではなく、関東若侍だとあった。キレイに見せたうなじと胸高の袴(帯)は、若々しくって上品で、今も昔も同じようだ。

400年経った今、着姿も社会制度も激変しているのに、根本的には美的感覚やファッションセンスはあんまり変わってなかったりする。

乱歩が、エッセイか何かで「帽子いややし頭巾がいい」というようなことを書いていたけれど、この頭巾だけはいつかかぶってみたい。
DSC03886.jpg
てゆうか、幕末までふつうに被ってたんだよねぇ。怪しいなぁ。
それに面長な、ヤマト美人しか絶対似合わない、とおもふ。

和装小物の史実in1964

2008-08-13-Wed-11:39
暑いのに、避暑先 同志社大学寒梅館がお盆で閉まっていたりしたので
あわてて立命に駆け込む。卒業生だと本も借りれる。
けれど、やっぱりうら寂しい衣笠校舎。
ふと見知ったヒトが歩いて居たりする。
お互い様ながら、なぜ?

ついでに造形大図書館にもお邪魔する。ここは誰でも入れるそうです。
さずが芸大。暑苦しいほどのおっきなオブジェが校内にたくさんあって、いちいち感嘆の声をあげそうになる。

外には猫ちゃんもおります。

wasoukomoo.jpg
今日の読書、和装小物(半襟)界の大大番頭、高島 与市郎著『和装小物の史実 (1964年)』。探していた本なので、ウレシイ。著者の日記と並行して、大正・昭和の超細かい半襟の流行変遷や、江戸に遡っての和装小物について様々の考証。
まさに生き字引ならではの、ナマの資料たち。

半襟は首飾りである、とか。
帯留は、衣装をつけた女性全体を総合的にまとめる、画でいえば落款のようなものと存じます・・・とかとか。
mai0808014.jpg
和田卯一郎考案「銃後の流行を語る人形座談会」
・・・あまり写実的なものは紋様になりませんわ・・・
銃後婦人の精神で・・・・半襟や帯揚げなどに千人針紋様など、
絞りなど扱ってみたらと思います。
私は軍用列車の偽装紋様に興味を持っているのです・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
などなど。


人類学ゲイシャLIZA DALBY「KIMONO fashion culture」もペラ読みする。
Kimono: Fashioning CultureKimono: Fashioning Culture
(2001/10)
Liza Crihfield Dalby

商品詳細を見る
「KIMONO fashion culture」もペラ読みする。
cumbersomeでanachronisticでruinous prices・・・・。
それでも乙女はキモノ好き・・・・


マーブル紙

2007-03-01-Thu-21:45
NHK『夢の美術館・世界の至宝・工芸100選・後編』のビデオを観ました。島田雅彦がマーブル紙の取材をしてて、それにやたらくい付いてしまってさっそく自分でも作ってみたいってなった。初心者キットが売ってるそうです。(←ネットで調べた。)友達何人かはマ-ブリングを学校でやった、とか家で作ってた(!)ってゆってたけどうちは全く経験ナシ。ちょ-楽しそうです。

樋口可南子のきものまわり 樋口可南子のきものまわり
清野 恵里子 (2002/05)
集英社
この商品の詳細を見る

着付けを習っていた頃、先生がよく初心者用にいろんなキモノ本を見せてくれて、いろんな着姿を見せてくれました。なかでもイチオシが樋口可南子と宮沢りえチャンの着姿でした。(てゆーか初心者用に芸能人で分かりやすく教えてくれたんやと思う。でも二人ともキレイ。)はじめから、長身地黒な私を着物似合うよ-とほめてのせて教えてくれはったので、すっかり着物大好きになった。特に印象に残った教え方、というわけではないけど初心者のころから一日中キモノ着ててもしんどいとか思ったことなかったので、良い先生に巡り合えたんやなって二度納得。

こないだ下鴨の葵リサイクルで学校系のレコード探してたら樋口可南子のパズル見つけて、レコード買ったらおまけにくれた。ジャケもレコードながら、中身もレコード盤サイズの円形パズルでした。HAIGウイスキーです。ちなみに『ういすきー』という文字や音を聞くとウイスキーが飲みたくなる。
puz.jpg

HOME NEXT