FC2ブログ

L'ampleur

Kyoto-Karasuma kimono diary

中崎町あたり

2008-09-13-Sat-22:57
高校時代、大学時代と一緒だった友人との再会。
少女のイラストを描く彼女の作品を見に、大阪は豊崎にあるgalleryitohenへ行く。


ROOM0908.jpg

着るものも、ちょっとずつ、ちょっとずつ秋にシフト・・・

先週まで絽だった桔梗の衿も白い御召地に変えて。キモノは、京都上七軒の弓月さんの御召。
二年前に買ったときは、生地も一般にイメージされるものより薄いし、デザインもモダンすぎて??なんて思っていたけれど、実は着易さバツグンで生地もしっとり。短い京都の「秋」に大活躍の普段着。作品の前で記念撮影。
itiitiopobi0808990.jpg

みんな結婚とか、仕事とか、この冬には海外に行く彼女を励ましながら、カフェになっているのでラッシーのんで、過ごす。いいトコやなぁ・・・。
ITOHENOP.jpg

せっかく大阪来たし、梅田まで散歩。
20080809013.jpg
demokuraってゆう古物屋さんとか。六年ぶりの中崎町をうろうろする。
知らぬ間に、前からあったのか無かったのか、異国風の店もちらほら。出現って感じで万博みたいな存在感がありました。おっちゃん、おばちゃん、こども、わかものの街。

ECCの前から、noonを過ぎて、高架沿いに行くと・・・・
うぎゃあ。やっぱり都会だなぁ。へとへと。

そして、最近思うこと。
都会のキモノは・・・とっても汚れそうでコワイ。埃、排気ガス、よく分からないゴミ、喫煙歩行中毒者、などなど。仕立て屋さんの、帯つきで歩いたらアカンよ!という言葉を無視してきたが、最近ほんまに思う。オールシーズン、塵除けは要るよね。買っとこう。

京都では・・・。
ほんまに帯つきは「恥ずかしい!」と口を揃えて言われます。そんで近所のおばちゃん達は「どこで見てんのか分からん」けど、めっちゃ見ている。(笑)。「コート買うお金無いんや、と思われるから恥ずかしい」というのは物の無い時代の話だけれど、上着を着ないとお出かけしたらダメ、って、かつては洋服だってそうだったハズ。着物のフィールドには、昔ながらの「ちゃんとする」精神が残っている。イイコトだな、と思う。
スポンサーサイト



いちご泥棒

2008-08-29-Fri-21:50
桐箪笥は、まだまだ湿気との闘い。だけど心はウロコ雲に秋単衣。

かわいいフライヤーに心躍る。
morrisu12dop08080871.jpg

LIFE AND ART///ARTS&CRAFTS FROM MORRIS TO MINGEI
~Hane nothing in your houses that you do not know to be useful or believe to be beautiful.
Image382morrisndnd.jpg

9/13~11/9、京都国立近代博物館 生活と芸術-アーツ&クラフト展

ARTS&CRAFTS が京都にやってくる。
何着てゆこうかな、と考える、そんな甲斐ある久しぶりのハリキリ展です。

インドネシア更紗のすべて

2008-08-25-Mon-22:02
地下へ地下へ潜ってゆくのが楽しい、岡崎の細見美術館へゆく。
展示は『インドネシア更紗のすべて』。コンパクトにまとまっていて、非常に濃い内容でした。
色の洪水、プリミティヴな紋様のタッチ。直に手で触れることは出来なくても、視覚で感じるすべてからインドネシアの文化風土が透出てくる。眼前に広がる熱帯の自然、脳内で思いを馳せる宇宙世界・・・。感動を思うままに布地に表現できる人間の喜びが、目いっぱいに伝わってきた。

『更紗』というだけで幾何学狩猟に唐草ペーズリー・・・のイメージばかりが先行したけれど、インドや中近東のものとは赴きを異にした、可憐な紋様が多くありました。それらが程よくヨーロッパ趣味と溶け合って、「やっぱりバティックの着尺が欲しいなぁ」と思った。

今日は男キモノ。帯も角帯の超オフ仕様。で、太鼓たたいて忘我する。
2008082okhirimiddo.jpg

御千度

2008-05-05-Mon-12:48
雨の御霊さん。
sendo050403.jpg
今日は、上御霊神社で町内のお千度がありました。
京都はそれこそ下に行けば天下の祇園祭りがあるのだけど
うちの地域には、当然そんなビッグイベントは無く。
せいぜい集まるといえば、地蔵盆と、このささやかなお千度さんくらい。

でも、客殿から眺める初夏の境内はなかなか雰囲気がよくて
普段、勤めに出ているとまったくお見かけすることのない
御近所さん達と交流出来たり。貴重な時間。

しとしと雨に。Loren Mazzacane Connors『collected airs 1992-2002』
conners080201.jpg

キモノで冬の二条城に

2008-01-27-Sun-21:17
行っても寒いだけなのですが、
二条駅の近く、フリースペースELEPHANT BASEの
オープニングレセプションへの道すがら、初登城デス。

こんな町中にあるので、
城というより
書院造りの贅沢な寺っぽく。
殿に家来の人形もたくさん設置されてて
「凄い」感じがしました。

天井画が素敵です。
入り口すぐの幾何学十字唐花が特に。

お外には、
木の瘤好きの私にはたまらない庭。
08012703.jpg


おばけの木。
080127701.jpg


大好きな松も
mt08012702.jpg


ラストに売店。駅の待ち合い室を広くしたような休憩所の中で、
080112756432.jpg

甘酒を呑む。
0801270707.jpg

さむかった。
ooo0801127.jpg

HOME NEXT