FC2ブログ

L'ampleur

Kyoto-Karasuma kimono diary

ははぎく

2007-03-12-Mon-22:51
高校生の時からのお化粧アイテム、ははぎく水おしろいが廃版になった。
一本(1500円)買うと一年間は持つ優れもの、廃版はコストパフォーマンス高すぎる商品ゆえにでしょうか、もう手に入らないと思うと残念すぎます。ジャケも乙女な感じで可愛かったのに・・・。さっそくメーカーにお手紙を書きました。復刻のぞむ。

失意のまま帰宅すると買ったCDが届いていました。
Wayfaring Strangers: Ladies from the Canyon Wayfaring Strangers: Ladies from the Canyon
Various Artists (2006/03/14)
Numero
この商品の詳細を見る

春が近付くと金延幸子なんか筆頭に女のフォークが聴きたくなりました。ヌメロ・グループがリリースした、自主とかインディーズのレア音源ばかりの侘びしいガールズSSW&フォーク選集。アメリカン・フィーメールが苦手だったのにコレは楽しく聴けた。全体的にアシッドでも癒しでも無く、演奏もシンプルです。ジョニ・ミッチェルの『Ladies Of The Canyon』の一節に始まり、各盤ごとの詳しい解説ブックレットでなにやら金かかってそーな外装。気になったのはShira Smallの「Eternal Life」。ヘンな曲ですが光ってた。あと12曲目Barbara Sipple(Barbara Dever)「Song for Life」はアルバム中唯一のお母さん数値の高い曲。

お母さんといえば、最近CD-RをもらったCatherine Howe。U.K.カントリーサイドの藤原秀子。
20070312222106.jpg


ついでに昨日から『だのに~なぜ~』という歌、「若者たち」が同居人の頭を流れ、二人して気になり過ぎていたのですがザ・ブロードサイド・フォーというグループが唄っていて、同名テレビドラマには田中邦衛も出演していたそうです。ついでに映画もあるそうです。観てみたい。
『だのに~なぜ~歯をくいしばり 君はゆくのか そんなにしてまで~』
ってゆう歌詞だったと思う。是非カタコトで唄ってほしい味わいのある歌です。
B000D.jpg

ファンタ・ダンバなど

2007-03-05-Mon-22:18
眼がだいぶんマシになりました。『へーみたいなもんやけど一応出しときます』って言われたピンクの目薬が効いている。いい感じ。

マリの伝説 マリの伝説
ファンタ・ダンバ (2006/10/15)
ライス・レコード
この商品の詳細を見る

最近ハマっているマリの歌手ファンタ・ダンバ。独特の節回しで不思議系な声、聴きいってしまい会話が弾まないので1人用です。ギター入ってる曲もあるけど、基本的にコラという楽器が伴奏をしていて、例えて言うならシタールのようにずっと何かしら音を出しているのでエレクトリックな感じでカッコ良い。唄は歴史あるマリの世襲音楽家の一員で伝統芸能らしく、三上寛に匹敵するくらい全曲同じですが安定して聴けるから癒し度もかなり高いと思います。1975年前後の録音で音がこもってるのも味。
おんなじアフリカでも南下して天然系になるとヒュ-・トレーシー録音シリーズの『イトゥリの森のはずれにて~コンゴ北西部』が良かった。エグさが無くて、めちゃめちゃ粋な音。ジャケットの写真だけ女子的にイヤやなぁ。

shugetsu0305.jpg

秀月 生原酒の2日目。やっぱり味が変わっている。
昨日全部呑めばよかった・・・。

2007-03-02-Fri-22:08
2年程前から、たまにテレビ観てると死ぬ程目痛くて、頭痛くて朝起きられへんくなっていたのが、最近微妙に気になって眼科へ行きました。ドライアイがひどくなるとエライことになる、と人に脅されたので。

百々眼科は小川通今出川を下がったとこにあって、最初モモ眼科やと思ってかわいいなぁって電話したらドドさんでした。女の先生。早速テレビとかパソコンとか読書とかやめなさいと言われ目薬もらった。あとお化粧も目の中が汚れるだけやしよくないよって言われました。確かにおっしゃる通り。
テレビはおいといて、パソコンおいといて、読書したらあかんかったら、夜に掃除もしんどいのでウサギと遊ぶ兼ギターの練習兼音楽を聴くことにしました。

One Star Awake One Star Awake
Wigwam (2002/11/25)
Peace Corps
この商品の詳細を見る

ノルウェーのと同名のWIGWAMはジュウジヤのセールワゴンの中から出。ブリストル。サイケデリックなフォークです。癒しの2コード。
wigwam.jpg

ジャケットも更紗調でラブリー。いつかキルト風の織柄の帯を企画して作りたいと思います。半巾で。

スーパースターのwigwamについてはあまり知らないけど、一緒にやっていた弾きまくるギタリスト、ユッカ・トローネンってゆう人は好きやった。CDブックオフで買った。(本日生まれて初めてブックオフの買い取り車を目撃しました。キイロ!)

会社の帰り道、キャッチ-でなさすぎて注目してしまった貼紙。色恐い。
03.02.jpg

2007-01-28-Sun-20:25
近所に河村能舞台というところがあって、そこの先生が出られる公演を観に行ってきました。朝から狂言などやっていたけど寝坊のため午後の『求塚』から。深刻で恐い話ながら地味な唄なのであったかい会場でうとうと。それにしても伝統芸能の客席ってなんでこんなにユルいのでしょう。飲む(お茶を)・食べる・寝る、のうち前二つは許せるとしても、あれだけ寝てる人だらけだと演ってるほうもたまらんやろなぁと思のですが。でも歌舞伎もおべんと食べて寝てますね。そういえば。劇団四季みたいな客席ではあり得ない(ハズ、行ったことないけど多分みんなもっと夢中なハズ)まったり感が味です。なんてゆってるのか分からないなりに唄を聴こうとするのをイヨォ-、イヨォ-と執拗にくり返されるかけ声に阻まれ、普通の台詞以外は全く不明なままでしたが、不条理なストーリーや時空が突然変わったりするイリュージョンな展開がたのしい。最後の『小鍛治』はムラ祭りな2ビートでテンション高かった。

帰りに河道屋であんかけそば食べました。

o.jpg


ちなみに、知り合いの中でも歌舞伎や能楽堂に何着ていっていいかわからない!人目が気になるという人がいますが、歌舞伎や寄席なら紬でいいし、能楽堂に関してはお母さまか、お義母さまだかのお着物をお召しになっていていかにも京都のお嬢さん、という方、または結婚時に作ったのか??というド・ピンク、ド・オレンジな付下げをお召しになっているご年配の方などが中心で、椅子に座るからか、お太鼓は見事にぐっしゃぐしゃが多いです。歌舞伎のような洒落感は厳禁のようですが、あまり深刻にコーディネートしなくていいと思います。むしろ多少もっさいかな?ってゆうぐらいがほど良い加減です。そういうお下がりを着るという文化が浸透している空間だから。今どきリサイクル屋でしか売ってないような蛍光キイロの帯揚が見れたりしますが、伝統芸能鑑賞には程よいと思っています。そういう戦後的古典派の雰囲気もリアルな和装世界です。

事故

2007-01-06-Sat-20:35
ロイヤルホスト(ファミレス)でパイコ-麺というのを頼んだらとってもまずかった!!!!!なんでコレを頼んだのか、自分でもよくわからんけどファミレスって1000円近くすんのに新年早々ヒドイ話。

0102173.jpg

新年は毎日着物を貫いています。今日はアバンギルドにキリト小4他、ライブを観に行きました。
RREVHOME NEXT